2017年のビワコオープン開幕まであと1ヵ月。


先日の記事では第一戦の過去のデータから優勝ウエイトを検証してみましたが

2017 ビワコオープン日程と開幕戦の傾向

http://ameblo.jp/biwako-brush/entry-12250192018.html

今回は年間優勝を勝ち取る方法を考える。
http://www.biwako-open.com/

2003年にビワコオープンがスタートしてから今年で15年目。その中で現在のレギュレーションと同じく優勝100ポイント制になった2010年から2016年までの7年間のデータを調べてみました。

2010年
年間4戦 優勝ポイント 348ポイント 平均ウエイト4402g 平均順位 14位

2011年
年間4戦 優勝ポイント 389ポイント 平均ウエイト5617g 平均順位 4位

2012年
年間4戦 優勝ポイント 354ポイント 平均ウエイト4435g 平均順位 12位

2013年
年間3戦 優勝ポイント 282ポイント 平均ウエイト4706g 平均順位 7位

2014年
年間4戦 優勝ポイント 323ポイント 平均ウエイト3470g 平均順位 20位

2015年
年間5戦 優勝ポイント 451ポイント 平均ウエイト4088g 平均順位 11位

2016年
年間5戦 優勝ポイント 415ポイント 平均ウエイト4118g 平均順位 18位


以上が100ポイント制になった過去7年間のデータとなります。

平均順位は、その年の優勝ポイントを試合数で割り、そのポイントを各年の順位に当てはめたもの。平均ウエイトはその年の平均順位のウエイトを足して試合数で割ったもの。少し解りにくいですが、その年の平均順位を毎試合とれば年間優勝に絡む事ができる、毎試合平均ウエイトを釣れば平均順位に絡む事が出来る1つの目安となります。

こうやって見ると2011年、2013年は平均順位が一桁台とかなり高い成績となっており、特に2011年のビワコオープンはキムケンこと木村建太プロが全試合お立ち台というブッチギリの成績で年間優勝した年です。

そして、過去7年間の平均ウエイトを7で割ると4405g。という事は、毎試合4400〜4500gのウエイトが釣れれば年間優勝に絡む事ができるという事になります。でも、4400〜4500gのウエイトではビワコオープンの各試合で優勝する事はまず不可能ですし、お立ち台に上がる事もローウエイトの試合でない限り難しいです。

ビワコオープンで年間優勝を勝ち取るには【ハズさない】試合展開が1つの要素。

例えば年間4試合の年で、3勝して1試合ノーフィッシュだとすると100ポイント×3+参加点5ポイントで合計305ポイント、毎試合24位で77ポイントとると77×4で合計308ポイントとなり年間順位は上になります。こう考えるとビワコオープンはいかに毎試合ハズさないかが年間順位を上げるための要素なんです。

ビワコオープン各試合で勝とうとすると7キロ、8キロ、ヘタすると9キロ釣らないと優勝に絡めないほどハイウエイとの試合が多いですが、年間優勝を視野にいれるならそのウエイトを狙いにいくのではなく、4400〜4500gでウエイトをまとめる釣りをイメージするのも1つの方法かもしれません。なんて書いてますが、試合で4500g釣るのはそんな簡単なものではありません。やっぱり年間争いできる人や試合で勝つ人って凄いです。

2017,02,26, Sun 14:57
etc.
ビワコオープン公式サイトの日程が2017年度版になりました。

2003年にスタートしたビワコオープンも今年で15年目!

今年はどんな戦いが見えれるでしょうか?今から楽しみです。

開幕戦は3月26日(日)

http://www.biwako-open.com/


過去14年間の中で、第一戦の優勝ウエイトを調べてみました。

2003年・・・5628g 3本 開催日 6月22日

2004年・・・6180g 3本 開催日 4月18日

2005年・・・6640g 3本 開催日 3月27日

2006年・・・6530g 3本 開催日 3月26日

2007年・・・8460g 3本 開催日 4月1日

2008年・・・7680g 3本 開催日 3月30日

2009年・・・8900g 3本 開催日 3月29日

2010年・・・7780g 3本 開催日 3月28日

2011年・・・8580g 3本 開催日 4月3日

2012年・・・7920g 3本 開催日 4月1日

2013年・・・8380g 3本 開催日 6月30日

2014年・・・7740g 3本 開催日 6月15日

2015年・・・8320g 3本 開催日 3月29日

2016年・・・8000g 3本 開催日 3月27日

この中で、青文字は今年の第一戦と同時期(3月末〜4月初旬)の成績です。こうやって見ると、2007年以降は最低でも7キロ後半釣らないと勝てないというハイウエイトの戦いが続いています。果たして今年は??

2017,02,26, Sun 14:54
etc.
皆様、コンニチハ。 ホンツです。 

またまた勝手に琵琶湖の一週間の状況をホンツ的見解をさせていただく時間がやってまいりました!!  

フィッシンショー大阪・キープキャストと近畿圏での釣り具の祭典が終わり、多くのアングラーがシーズンインに向けて準備を始める時期になってきましたね。  
モチロン、ホンツもちゃっかりキープキャストへと参戦したわけで。。。 
 

それはそれは、アングラーの熱気はスゴイわけでして、釣りブーム再来かと思ってしまいますよね。  

さてさてホンツ的感覚では、バレンタインデー「2/14」を境に春へと水中が変化していくような感覚ですので、今年もその流れを意識しながら冬のポジションもチェックしていく!!  

と、思い南湖を釣っていっていた忘れもしない2/16.。。。  
http://ameblo.jp/hontsu120/entry-12248304821.html 
「超絶クリアーになった日。。。」  
アクティバ沖3.5mから4mまでのボトムが丸見えるという。。。  
なので素直に濁りを探して釣りを展開した日でしたね。  
こういうのも面白いのがバスフィッシングですよね☆  

ナゼ、ここまでクリアーアップしたのか??  
まぁだいたいの予想はしており、放水量の変化かと。。。  
2/15に琵琶湖へ出た時には、真野エリアなんかはビックリするぐらい超絶クリアーでしたからね!!  
そんなこともふまえてチェックしていきたいと思います。
 

2017/2/9(木)
[6:30]曇り/微風
気温 2度/中潮
水温 瀬田川 欠測
琵琶湖大橋 8.3
安曇川沖 7.9
5点平均水位 -2cm
放水 170t/s  

2017/2/16(木)
[6:30]晴れ/弱風
気温 0度/中潮
水温 瀬田川 6.3
琵琶湖大橋 8.1
安曇川沖 7.8
5点平均水位 -4cm
放水 220t/s 

2017/2/23(木)
[6:30]雨/微風
気温 8度/中潮
水温 瀬田川 7.4
琵琶湖大橋 8.0
安曇川沖 7.9
5点平均水位 -8cm
放水 220t/s 
(BRUSHホームページより抜粋)

先週、勝手に見解できなかったので2週間分をまとめてチェック!! 
やはり、放水量の変化でしたね...  
2/13の時点では放水量が170tだったのですが、2/15には220t。  
その後も220tが続いていますね。 
北からのクリアな水の流入によって南湖北エリアもクリアアップするという状況。  

なんですが、南湖南エリア浜大津の沖から貝捨て場周辺にかけては藻刈りの影響によって濁りが発生!  
この濁りが完全にプラスの影響となっていましたね。  
エリア的にも、これから春に向けて良くなってくるエリアだけにチェックする価値アリですね!


ではこの2週間の釣果情報を勝手に覗いてみましょう!!ww

2017/02/12(日)
ボート 南湖
[昼レポ]午前中は南湖西岸チャンネルライン、ウィードアウトサイド付近を強風の中、メタルバイブで流していって50up、45up、ほかバラしもあったりノラないバイトもあったりと反応は良いですね。水温は5度台まで下がって西寄りの風も強く雪まで降って大変ですが、午後からも無理せず狙っていきます。
大仲正樹 プロアングラー

2017/02/15(水)
ボート 南湖
[午後レポ]昼からも南湖南エリアのフラットウィードでキラーズベイトオーバー3/4を巻ききって50後半×2、ほかバイト数回、結局午前中と合わせてスピナーベイトで獲れた3本はすべて55オーバーでした。
大仲正樹 プロアングラー

2017/02/16(木)
ボート
[昼レポ]朝一は北湖西岸でメタルバイブをシャクってノーバイト、南湖に入り東岸3mでアラバマ系を巻くも水がかなりクリアアップしていてノーバイト、ジグでも反応なし、西岸2.7mに移動して残りウィード周辺をアラバマ系で狙って35、サバイバルジグで50です。お昼現在の南湖は北風がソヨソヨ程度、南湖北エリアはかなり水がクリアになってますが、南エリアは若干濁りがあります。今日は自衛隊沖のど真ん中付近で藻刈りをやってます。
杉村和哉プロアングラー

2017/02/16(木)
ボート 南湖
[昼レポ]朝一は南湖西岸、名鉄からスタートしてキーバーン、デラクーをやるも反応なし、昨日ベイトの反応が良かった四本柱周辺に移動してキーバーンで1バラシ、アクティバ沖も同じくキーバーンでやって反応なく、今は若宮沖3mラインに移動したんですが、水がクリア過ぎてボトム丸見えなので釣りをする気になれません(笑)少し北風が吹き出してきたので、午後からは沖に出てアラバマ系などを巻く予定です。
本津貴文 プロアングラー

2017/02/20(月)
ボート 南湖
今日は南湖各所の2.5〜3.5mラインを回り、ヴァルナSP、スイムジグ1/4+ドライブシャッド4.5、ハイカットDR-SP、ワンテン、アラバマ系(ドライブシャッド3.5)をレンジ・シチュエーションでローテーションしながらやって57〜50up×4、49〜40up×7でした。ここ最近良かった朝一のタイミングはバイトが出なかったんですが、北風が吹き始めてからバイトが出始めました。少し深いレンジはアバラマ系やスイムジグ、ウィードの背が高い所ではジャークベイトという使い分けです。午後から南西風に変わって雨が降りそうになってきたので、14時上がりで濡れずに終了。
森田哲広 プロアングラー  
(BRUSH釣果速報より抜粋)

ざっと2週間分の釣果速報を抜粋させていただくと、冬のような展開から、クリアーアップした日。春を意識したサカナを狙う展開と。。。  
めまぐるしく季節が変化していっているのが分かりますよね!

さらに本日の雨など、季節を進行させる大きな要因となりますね。
も気にしつつ、も意識する。
またこの放水量で水の変化も起きやすくなってくるので、楽しくなってきそうですね!!
春本番はもうすぐそこまで来ていそうですね!!

以上、琵琶湖この1週間。ホンツ的見解。でした。

2017,02,23, Thu 11:35
琵琶湖 この一週間。 勝手にホンツ的見解。
フィッシングショー大阪が開催された週末。  
何やら、来場者数が前年よりも多かったそうで。  
釣り具業界としては良い事ですよね☆  

なんですが、フィッシングショー大阪に行かれた方が多いとなると...  
琵琶湖に出られていた方が少ないのかと。 
実際に先週とかと比べるとアングラーの数は少なかったですね。

そうなると琵琶湖の情報が欲しくなるアングラーも多くなるかと。。。

そんな所に、勝手に一週間をまとめるこのコーナーww  
この琵琶湖の一週間の状況をまとめていきたいと思います。


まずは恒例の水温チェックのコーナー!

2017/2/3(金)
[6:30]小雨/弱風
気温 3度/小潮
水温 瀬田川 7.0
琵琶湖大橋 8.5
安曇川沖 8.2
5点平均水位 -6cm
放水 170t/s


2017/2/9(木)
[6:30]曇り/微風
気温 2度/中潮
水温 瀬田川 欠測
琵琶湖大橋 8.3
安曇川沖 7.9
5点平均水位 -2cm
放水 170t/s

(BRUSHホームページより抜粋)

こういったチェックは当日の変化も大事ですが、数日間の変化も重要になってきますからね!  
2/2から2/3にかけて放水量が150tから170tに増え、そのままの状態で一週間が過ぎました。  
放水量アップで北湖からの雪解けの水も含んだ、冷たい水が南湖に入ってくるのでボトムからちょっとサカナが浮いたり、影響の少ない水がヨレルエリアが良くなったりといったイメージですね。  
それでも、水温は水深のあるエリアでは8度台の所もあり急激に冷やされた状態ではないのでやる気のあるサカナはしっかりと口を使ってくる感じです。  

あとは天候によって... この時期は特に荒れてボートすら出せない時もありますからね。。。
 
これはフィッシングショー明けの月曜日。  
天気は良かったのですが、強風に波。 完全にダメな天気でしたね。

ざっくりと琵琶湖の一週間の状況を書かせていただいてからは、 
BRUSHの釣果速報を覗かせていただきたいと思います!  

2017/02/04(土)
ボート 南湖
今日は朝から晴れ、最初は南風がやや強く吹いてましたがお昼頃には止んで、午後からも快晴の中、南湖各所の3〜4mラインを回り、メタルバイブでは反応なく、ブリッツマックスDR、ハイカットDR-SP、自作アラバマ系(ドライブシャッド3.5&HPシャッド3.1)で50×2、38×2、ほか4バイトでした。午前中の風が吹く時間帯はバイトもなく苦戦しましたが、午後から暖かく感じるとバイトも増えました。回りのボートのそのタイミングでライトリグを使ってレギュラーサイズまでを釣っているのを見かけました。ようやく水中も真冬っぽくなってきましたが、まだ暖かくなるタイミングでは小バスの反応もあるので、そういう釣りをすればバイトはありますね。
森田哲広 プロアングラー

2017/02/08(水)
ボート 南湖
[昼レポ]今日は魚探掛けがメインのガイド。午前中は南湖北エリア各所で掛けていって途中、名鉄沖でゲストさんにフットボールジグをキャストしてもらって2投目で55cm、その後は再度魚探掛けです。赤野井エリアは全体的に良い感じに濁りが入ってますが、2〜2.5mラインは水温6度台と低め、それ以外のエリアは概ね7〜8度前後です。
永野 総一朗 プロアングラー

2017/02/08(水)
ボート 南湖
[午後レポ]午後からは南湖3mラインに狙いを絞り、各ストレッチをスパーク7で狙って50up、45、40up×2、ほかバラシ数回でした。さすがに最低水温期という事で広範囲でバイトがあるわけではないですが、良いスポットに入ればアラバマ系でも水面付近までチェイスしてくるぐらい活性が高い個体もいますね。
杉村和哉プロアングラー

(BRUSH釣果速報より抜粋)

変化の瞬間を狙って釣りを展開することと、良いスポットに入ること。技がヒカリますね☆ そして冬らしい展開ですね!  
先週のようにハイシーズンかと思うような釣れっぷりは少なくなりましたが、まだまだ釣れている琵琶湖!!  
ただ、今週末。。。 いや、本日ぐらいからなかなかの雪マーク。。。  
どう変化していくのでしょうか?  
季節が進みそうな気もしますね!!  

以上、琵琶湖この1週間。ホンツ的見解。でした。

2017,02,09, Thu 16:03
琵琶湖 この一週間。 勝手にホンツ的見解。
今シーズンの琵琶湖はよく釣れている! 
と、よく耳にもしますし、実際琵琶湖に浮いていてもよく釣れる! 
なんですが、そこは冬。狙いを間違えると完全に無になってしまう世界。

そんな状況の琵琶湖。  
今週もまた勝手に見解&状況をお伝えしていければと思っております。
さぁ、この一週間での琵琶湖。 どうだったのでしょうか?  

まずは皆様気になっている水温等の琵琶湖の状況変化! 
2017/1/27(金)
[6:30]薄曇り/弱風
気温 -2度/大潮
水温 瀬田川 6.1
琵琶湖大橋 8.5
安曇川沖 8.6
5点平均水位 -7cm
放水 150t/s

2017/2/3(金)
[6:30]小雨/弱風
気温 3度/小潮
水温 瀬田川 7.0
琵琶湖大橋 8.5
安曇川沖 8.2
5点平均水位 -6cm
放水 170t/s 
(BRUSHホームページより抜粋)

気になるのは、水温よりも、 
雪解けの水の流入によっての放水量アップですね!  
昨日の時点では150tだったのですが、170tへと! 
今後、どのような影響が出てくるのか?  
流入による冷たい水の影響でボトムが冷えサカナが少し浮くのか?  
冷たい水の流れを嫌って、影響の少ないエリアのサカナを狙う展開になるのか?  
冬の釣りって一瞬ごとの変化をいつも以上に感じ取って展開していくのが面白いですよね! と、勝手に思うww  

そしてこの一週間の琵琶湖。  
とくに週末(土曜日)の天気が良くボートも非常に多かったですね!  
ですが月曜日は...
 
わぁ、虹がキレイとなる前に...  
この時期の虹が出るときはたいがい荒れる。天候が不安定だったりします。  
ただ、最近では特にこの虹というよりも、太陽が出ているときが重要なんです!

さて、この一週間の琵琶湖、どのような状況だったのでしょうか?  
BRUSHの釣果速報を覗かせていただきたいと思います!
2017/01/28(土)
ボート 南湖
今日は南湖各所のカナダモがしっかり残るストレッチを中心に広く探り、G2ストレート5.5のネコリグで67cmの5500g、57、45〜40×3、小バス×2、途中でメタルバイブもやりましたがバイトのみでした。放水量が増えてる事もあってバスもベイトもある程度広範囲に動いてる感じがあるので、ネコリグは基本的にはドラッギングで流しながらシェイクを続けてのスイミングの釣りですね。ただ釣れるタイミングは1日の中でもムラがあって、今日は9時〜11時と13時30分〜15時の間にバイトが集中しました。ある程度カナダモに引っかけながら動かし続けるので、ロッドは少し硬めの方が操作しやすいです。
礒村雅俊 プロアングラー

2017/01/29(日)
ボート 南湖
[午後レポ]引き続き南湖西岸4mでシャッディングXを巻いて30まで×3、メインチャンネル付近でブレーディングXを30分ほどシャクるのノーバイト、その後は東岸に移動して3.5mラインでのスパーク7などアラバマ系で47、46、45、44と連発し、雨が降り始めてきたので早上がりしました。ここ数日はアラバマ系での反応が悪かったですが、今日はローライトパワーもあってか?雨が降り出す寸前の短いタイミングで連発しました。
杉村和哉プロアングラー

2017/01/29(日)
ボート 南湖
今日も南湖各所の残りカナダモを中心にG2ストレート5.5ネコ(グリパン)のドラッギングのスイミングで狙い62、58、50up×2、50、40up×3でした。昨日に引き続き同じゲストさんが連日の60up!引き続き湖流も強い状況なので、先日までダメだったエリアが復活してたり良かったエリアがダメになったりとエリアは流動的ですが、今日はやるエリアを少し増やしての展開でした。この釣りは水温上昇がキーになっていて、14時30分ごろまでの陽射しがある時間帯にほとんどの釣果が出て、それ以降雨が降ってからはバイトもほぼ止まりました。
礒村雅俊 プロアングラー

2017/01/30(月)
ボート 南湖
午前中は南湖西岸、自衛隊沖などを中心にキーバーン、DSなどをやるもまったく反応なし、午後からもエリアは変えずスポットを探していくと魚探にバスとベイトが多く映る所を発見し、ラバージグで40up、デラクーで53、30クラス×6、フリックシェイクDSで30×2、キーバーンで30、バラシ数回、夕方西風が強くなってからは四本柱周辺の越冬場でアラバマ系を巻いて45クラスでした。午前中はまったくの無で、やらかした感があったんですが、午後からはしっかり魚が居るエリアで釣れました。
本津貴文 プロアングラー
(BRUSH釣果速報より抜粋)
より多くのリアルタイムの情報を見たい方は、会員登録お願いいたしますーww

すんごいよく釣れているようで。。。  
磯村プロガイドは連日のロクマル越え... スバラシイ☆  
ただ、情報にも書いてあるのですが、時間帯がキーなようで...
陽射しだったり、ローライトだったりと。

兎に角、変化が重要! とくにビッグサイズになると!  

ホンツ的には、太陽パワーが好きですね!  
アングラー的にも釣りがしやすいですし、サカナからの反応が急に増える!
 
これだけサカナまみれのエリアであっても太陽パワーで急にビッグサイズが反応しだしてきますからね!
変化に特にシビア...
釣果だけを見ているとハイシーズンか!!と思うのですが。。。
変化を見逃すと痛い目にあう。さすが冬といった感じですね!

そのような感じの一週間でしたね!  
今週末はフィッシングショーもありアングラーは少なくなるのでしょうか?  
逆に捉えると、チャンスになる! そういう事ですね!  

以上、琵琶湖この1週間。ホンツ的見解。でした。

2017,02,03, Fri 10:22
琵琶湖 この一週間。 勝手にホンツ的見解。
  PAGETOP  BACK>>