TOPICS TOPICS 一覧

プロアングラーのノットは?(プロ約50人アンケート)

2020.06.17

(ノット画像はシーガーさんのページより)

 

 

釣りの基本中の基本、ノット=ルアーの結び方

 

プロはどんな結び方をしてるのかな?

BRUSHに協力してくださっているプロの方々に聞いてみました。

 

 

 

シンプルなユニノット系が最も多かったです。

 

手早く簡単に結べるので、ノットミス(ラインが重なったり、ヨレたり、チジれたり)が少なく安定してますもんね。

 

 

 

 

次はクリンチノット系、パロマーノットと続きます。

意外だったのはハングマンズノットが少なかったこと。結びやすいし多いんじゃないかと思ってましたが・・・・

 

 

以上でした。

 

バスフィッシングの場合はルアーの結び替えの頻度がとても多いので、単純に結節強度だけではなくて、フィールドでの結びやすさ(手軽さ)も重要なポイントのようです。面倒なノットだと、ついつい良いサイズが釣れた後の結び替えをサボったりしてしまいますので、プロのノットを参考に、ご自身のスタイルに合うノットを見つけてくださいネ。

 

 

ちなみにBRUSHスタッフはハングマンズノット、ユニノットを使っています。そして最近、ニシネルアーワークスの西根さんが紹介していたリンデマンノットですね。

 

 

BRUSH

プロフィール
http://www.brushon.net/