TOPICS TOPICS 一覧

マリーナ選びの基準 ガソリン購入方法

2021.04.01

 

 

マリーナ選びの基準の一つにボートの燃料(ガソリン)の購入方法があると思います。マリーナで販売しているガソリンを買うのか、自分でガソリンスタンドで買って持ち込むのか

 

 

(画像:https://221616.com/norico/gasoline/より)

 

ちょっと試算してみましょう。

 

(2021年3月現在)
滋賀県のマリーナで販売しているガソリンはハイオクで170~200円程度
ガソリンスタンドでは150円程度

 

価格差は20~50円/1Lほどです

 

なぜマリーナで販売しているガソリンは高いのか?それは石油元売りから買うわけではなく、近くのガソリンスタンドから配達してもらっているので配達手数料がかかるのと、マリーナの給油施設の設備費・維持費等がかかるからなんですね。
別にマリーナがボッタくってるわけではありません。(-_-;)

 

 

ボートで一回の釣行に利用するガソリンを30Lとして
年間10回で300L
年間20回で600L

 

差額が30円/1Lだとしてコストの差は
年間10回で300L×30円=9000円
年間20回で600L×30円=18000円
年間30回で900L×30円=27000円
となります。

 

ガソリン携行缶を購入したり、毎回スタンドに寄って購入したり、ちょっと車が臭くなったり、もしもの事故の時に大変なことになる可能性もありますし・・・・

 

 

これをわずかな差と考えるか、大きな差と考えるかによりますね。
少なくとも年間10回程度の釣行であればガソリン持ち込みのメリットは無いかもしれません。

一番いいのはマリーナで販売もしているし持ち込みもOKってパターンになりますね。

 

参考になりましたでしょうか?
マリーナ選びはボートライフを楽しむための重要なポイントになると思います。値段のことだけではなく、マリーナの立地や雰囲気が自分のスタイルに合うかどうかが大事ですので慎重に選んで楽しいボートライフをおおくりくださいませ。

 

 

 

BRUSH

プロフィール
http://www.brushon.net/