TOPICS TOPICS 一覧

北湖で楽しく釣りをするために

2020.10.30

 

ここ数年は北湖で釣りをされるアングラーが一気に増えました。各ガイドさんや一般アングラーのSNS、BRUSHなどのメディアで膨大な情報を得ることができますし、ボートやエンジンの信頼性、自分の他にもアングラーがいるという安心感もあって人気エリアでは平日でも船団ができる事もあります。先日も南風強風が吹く中、風裏の沖島北側には多くのボートが浮いているという日もありました。日本一大きな湖である琵琶湖、いろんな景色の中で釣りをするのは最高の環境ですが、やはりボートアングラーとして気になるのは天候や風。以前、このTOPICSでも北湖で釣りをする際の注意点を掲載させて頂きました。詳細はこちらの記事をご覧ください。

 

 

ボートで北へ行かれる方はご注意を!

https://www.brushon.net/topics/10650

 

 

 

いくらバスボートの性能やエンジンの性能、信頼性が上がったとしても琵琶湖が大荒れになれば、どんなに操船技術が優れていようと、どんなに走破性が優れたバスボートでも大型のバスボートであろうとまったく歯が立ちません。ボート・エンジンの性能や自身の操船技術を過信せず決して無理のない釣行を心がけて下さい。また複数で釣行されている場合、操船者は同船者の命を預かっているという意識をお忘れなく。

 

 

■釣行前に必ず天気予報(特に風)をチェックする(できれば複数の情報を見る)
■釣行当日も常に天候の変化(風・雲の動き)を気にする
■ガソリンやオイルの量には余裕を持つ
■レンタルボートの場合は釣行可能エリアを厳守
■少しでも不安を感じたらすぐに安全なエリアまで戻る
■時間ギリギリまで遠くのエリアで釣りをしない
■キルスイッチを必ず使用する

 

 

その他、荒れた中でマリーナに帰着する際は予め魚探等の装備を外しておくことで衝撃による損傷や紛失を防ぐことができますし、エレキにベルトがついている場合はしっかり締めておくと不意なトラブルも軽減できます。

 

BRUSH

プロフィール
http://www.brushon.net/