しゅういちレポ

今週の琵琶湖@1月31日版

2020.01.31

今週の琵琶湖は強風の日が多くボートアングラーは少な目。風が当たるエリアでは一時的に濁りが発生していますが全体的にはクリアアップ傾向。雨はそれなりに降ったため水位は先週から数センチの増減があり、今日31日の10時30分現在でマイナス9cm、瀬田川洗堰放流量は64㎥/sです。この冬は雪が少なく野洲ではまだ平地での降雪を見ていません。比良山系や比叡山など山地では薄っすら白くなる事もありますが冠雪量は少なく晴れていると夕方にはとけてしまう程度。まとまった雪解け水が入る事もほとんどなく、気温もこの時期にしては高い日が続いている事から琵琶湖の水温も高めです。

 

2020/01/31(金)
[朝6時半頃]曇り/弱風
気温 5/小潮
水温 瀬田川 9.1
琵琶湖大橋 10.2
安曇川沖 10.0
5点平均水位 -8

 

2019/01/31(木)
[06:30]曇り/弱風
気温 3/若潮
水温 瀬田川 6.5
琵琶湖大橋 9.1
安曇川沖 9.0
5点平均水位 -33

 

昨年同日のデータで見比べると瀬田川で約2.5度、琵琶湖大橋・安曇川で約1度高くなっています。また水位が昨年はマイナス33cmだったのに対し今年はマイナス8cmとなっています。

 

釣果としては強風の影響でアングラーが少なく釣果も少な目ですが、引き続き北湖で安定しているのはサカマタシャッドに代表されるジグヘッドのミドスト、カバースキャットに代表される高比重ワームノーシンカー、そのほかスイムジグなどです。

BRUSH管理者

プロフィール
http://www.brushon.net/