【2020年の2月中旬~下旬、僕ならこの2セット】山崎貴宏

2020.02.16

2月中旬~後半、スポーニングに向けての動きも気になる!
冬のような天気の日もある!
そんな季節、2020年のレイクコンディションも合わせてプロに攻略法を聞いてみた!!
アレコレ迷って結果的に迷走するより、タックルを絞り込んでヤリ切る方が結果が出やすい時期のようですよ!

【2020年の2月中旬~下旬、僕ならこの2セット】山崎貴宏

 

1:ザリバイブJr


メインエリア:南湖シャロー
ロッド:デジーノダンパー
ライン:シーガーグランドマックス12lb

《使い方》
ウィードの残るシャロー(3.0m〜4.0m)をリフト&フォール、その効果がない時は更にシャローを高速引き。ザリバイブは1個で2つのアクションが出来るのでオススメです。Jrを選んだのは今年は何故かJrの方がアタリが多いから…です。

 

2:カバースキャット・ノーシンカー

メインエリア:沖島、南湖チャンネルライン
ロッド:デジーノステルス
フック:イチカワフック#5/0
ライン:シーガーグランドマックス16lb

《使い方》
沖島エリアは湖流を意識して、南湖はボトムのウィードを意識して使用しています。
(動かし方は冨本プロの動画を参照)

今年は例年よりも少し早い展開と感じられる琵琶湖。

その為、少し春を意識したタックルをチョイスしました。

 

isseiフィールドスタッフ:山崎貴宏

山崎 貴宏

メインフィールドの琵琶湖でトーナメントに参戦しています。また琵琶湖ガイドも行っており、ゲストさんとレベルアップを共有できるよう頑張っています。
レンジャーZ119Cで快適なガイドフィッシングをお楽しみください。

インスタグラム
https://www.instagram.com/yamazakipan1115/

フェイスブック
https://www.facebook.com/profile.php?id=100015332535004