びわ湖の味覚、養殖ビワマスの採卵

2021.10.14

NHK NEWS WEBより

https://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/20211013/2060008997.html

 

びわ湖の固有種「ビワマス」は、脂の乗った身が特徴のサケ科の魚です。
天然のビワマスは夏に旬を迎えるため、米原市にある「醒井養鱒場」では年間を通して安定的に供給しようと、ビワマスの養殖に取り組んでいます。
メスのビワマスは今月から来月中旬にかけて産卵期を迎え、養殖場では卵を取り出す作業が本格的に始まっています。
13日は職員が、体の横が赤くなったメスから直径5ミリほどの卵を取り出してバケツに入れ、オスの精子をかけて受精させていました。
2年から3年かけて40センチほどに成長し、県内の飲食店などに販売されるということです。

BRUSH

プロフィール
http://www.brushon.net/