今春の花粉は大幅に減少の予測

2020.02.14

 

ことしの春、県内でスギ花粉が飛散する数は例年の4分の1と、大幅に減少するという予測を滋賀医科大学の研究グループがまとめた。

ことし春のスギ花粉の飛散数は例年の4分の1、過去最大だった去年と比べると10分の1と、大幅に減る見通し。同じようにヒノキの花粉も少なくなると予想されています。県内では早ければ今月下旬から花粉の飛散が始まるということです。

詳しくはコチラ NHK NEWS WEB

https://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/20200213/2060004209.html

BRUSH管理者

プロフィール
http://www.brushon.net/