近畿地方の3月は、記録的な高温

2021.04.03

大阪管区気象台発表

 

期間を通して天気は数日の周期で変わり、下旬を中心に高気圧に覆われて晴れた日が多くなりました。低気圧が発達しながら日本付近を通過したため、大雨や荒れた天気となった所がありました。

 

近畿地方では、寒気の影響を受けにくく、南から暖かい空気が流れ込みやすかったため、3月の平均気温は平年差+3.0℃で、1946年の統計開始以来、高い方から第1位となりました。

 

 

近畿地方:気温はかなり高く、降水量は多く、日照時間はかなり多くなりました。

日本海側:気温はかなり高く、降水量は平年並、日照時間はかなり多く、降雪量はかなり少なくなりました。

太平洋側:気温はかなり高く、降水量は多く、日照時間は多くなりました。

BRUSH

プロフィール
http://www.brushon.net/