京都や滋賀で29日昼前から黄砂注意 

2021.03.29

京都新聞

京都と彦根の気象台は京都と滋賀で29日昼前から30日にかけて黄砂が飛来し、視程が悪化する恐れがあるとした気象情報を発表した。

 

気象台によると、29日午前3時、中国や朝鮮半島で黄砂が観測され、このあと移動性高気圧に乗って日本にも飛来するとみられる。京都や滋賀で黄砂が観測されれば、今年初めてとなる。

BRUSH

プロフィール
http://www.brushon.net/