ヨシ原保全と活用を女性視点で考える

2021.02.21

琵琶湖などに群生するヨシ原(はら)の保全と活用について、女性の視点から考えるシンポジウムが二十日、草津市の市民交流プラザで開かれた。ヨシはイネ科の植物で、琵琶湖の湖沼や河川の水辺に生えている。ヨシ群落は水鳥や魚の生息場所であり、水質保全に役立っているが、湖岸堤の整備などで減少しつつあり、保全と活用が課題となっている。

 

 

詳しくはこちら

中日新聞

ヨシ原保全と活用を女性視点で考える 草津でシンポ
https://www.chunichi.co.jp/article/205757?rct=shiga

BRUSH

プロフィール
http://www.brushon.net/