医療ひっ迫で自宅療養要請も

2021.01.13

滋賀県の三日月知事は新型コロナウイルスの感染者の急増で医療体制がひっ迫しているため、感染者のうち65歳未満で持病がなく、軽症か症状がない患者について状況によっては医師の判断のもと自宅での療養を求める方針を示しました。

(中略)

三日月知事は「今後も感染拡大に歯止めがかからない状況が続けば、県独自の判断基準を最高段階の『特別警戒ステージ』に引き上げたうえで、国に緊急事態宣言の対象地域に加えるよう要請しなければならなくなる」と述べ、県民に改めて基本的な感染防止対策の徹底などを呼びかけました。

 

 

詳しくはこちら

NHK NEWS WEB

医療ひっ迫で自宅療養要請も

https://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/20210112/2060006671.html

BRUSH

プロフィール
http://www.brushon.net/