この冬一番の冷え込みで飛沫氷が発生

2021.01.08

 

1月8日、滋賀県では夜明け頃の気温が大津市で-3.5度、野洲市で-3度、守山市で-3度など、この冬一番の冷え込みとなりました。気温も低いですが昨日から強風が吹き続いている事もあり、琵琶湖岸では美しい飛沫氷(しぶき氷)が見れました。昨年は暖冬の影響もありまったく見れませんでしたが、今年は冬らしい冬となっています。

 

9時現在、南湖は南西寄りの強風が吹き大荒れ状態。

 

 

※午前9時頃、木浜5号水路の湖岸公園から撮影

 

 

 

 

 

BRUSH

プロフィール
http://www.brushon.net/