フィールドレポ 南湖@永野総一朗プロ

2020.10.11

 

 

永野総一朗プロより

https://tamaranbai.bassguide.jp/

 

台風後の南湖に出ております。昨日は若干東寄りの風が吹いていましたが、ミック前や西岸ワンドは比較的濁りもなく台風前とほとんど変わらない状況です。真野川からの濁り水の流入の影響もあって南湖のチャンネルラインはわりと濁っていますが全体的に広がっているというよりは帯状になっている感じです。今は烏丸半島沖にいますが適度な濁りが入っていてHU300(クランクベイト)で釣れています。木浜4号~5号沖や下物浚渫の一部に多くのボートが浮いていますが先日までに比べると密度は薄目でバラけている感じです。

 

 

永野 総一朗

小学校3年の頃より釣り好きだった祖父の影響と「グランダー武蔵」に感化されバスフィッシングを始める。
中学校時代に初めて家族旅行で琵琶湖を訪れ、マザーレイクの虜になる。
大学進学時は、なんとしても琵琶湖の近くに住む為に滋賀県内の大学のみ受験。努力の甲斐あり?立命館大学 びわこくさつキャンパスへ入学。無事滋賀県民となる。
卒業後は営業職として軽自動車の販売に携わる。2年目に念願のバスボートを購入。同時に吉田秀雄プロと出会い、ルアーメーカーHIDEUPスタッフの一員となる。
そしてインターネットやSNSを通じ、釣りを軸として訪れる出会いの数々に感動感激。その出会いを通じて同船釣行やガイドを行うようになる。
2015年2月、5年間勤めた会社を辞め、3月よりフルタイムガイドを開始。

ホームページ
https://www.bassguide.jp/tamaranbai/

インスタグラム
https://www.instagram.com/hideupnagano/

フェイスブック
https://www.facebook.com/soichiro.nagano.12?fref=ts