一面に蕎麦の白い花、滋賀・多賀

2020.10.04

 

京都新聞より

滋賀県内有数のそばの産地・多賀町で、かれんなソバの花が咲き誇っている。小さな白い花と緑の葉が秋の風にそよぎ、観光客を楽しませている。

 

ソバは約20年前、減反の休耕田対策として栽培が始まり、今年は14戸が約70ヘクタールで育てている。加工した「多賀そば」はのど越しと香りの良さから県内外で知られている。ソバの実は11月上旬から収穫し、約62トンを見込む。

 

 

 

上の記事にある多賀の他に、琵琶湖東岸であれば永源寺あたりもきれいですよ。

BRUSH

プロフィール
http://www.brushon.net/