ビデオレポートを見るにはWindows Media Playerが必要です。最新メディアプレーヤーのダウンロードはこちら

2014年あけましておめでとうございます。

本年もBRUSHならびに『しゅういちレポ』をよろしくお願致します。





今年は、ソチ冬季オリンピックやブラジルサッカーワールドカップなど大きなスポーツイベントが開催されますね。

いまからワクワクします。

近年、スポーツ界は、海外でプレーする選手が増えました。
野球界で、野茂、イチロー、松井選手が大活躍し、サッカー界では中田選手、私の好きな香川選手、ラグビー界では村田選手等々記憶に新しいところです。
バレーボール界でも加藤選手や木村選手が海外で活躍しているそうです。

新年早々、本田選手がミランに移籍しましたし、楽天のマー君も海外移籍が濃厚のようです。ゴルフ界でも石川遼に続き松山英樹もアメリカツアーに挑戦です。

バスの世界でもアメリカで挑戦するアングラーが増えました。
スポーツの世界だけでなく、日本式インフラやサービスが注目され海外に輸出されています。
バスでおこなう集団健康診断のシステムが輸出されているのには驚きました。

これからの日本人は、日本で死なない時代なのかもしれません。
自分自身が活躍できる、そして住みやすい国に出ていき、そこで一生を終えるなんて時代がすぐそこまできている気もします。
若者の就職先が減り、年金に希望が持てなくなったりすれば、そんな動きに拍車がかかるかもしれませんね。

そういう意味でも頑張れニッポン的な一年になりそうです。


さて、先週末は、琵琶湖に初釣りにいってきました。
メンテが終了しピッカピカのバスボートをみると、
それだけでワクワクしますし、新しい年が始まったんだなぁと感じます。





冬から琵琶湖に浮く事は、春に繋がります。

この時期は、荒れる日が多いし、なんせ寒い。

朝起きるのもおっくうですが、来るべき春を楽しく迎える為には、メンターとして頑張りどころです。初釣りは、浮けるだけでいいやと思ってしまうせいか、あまり初バスを手にした事がありません。

昨年は、友人のおかげで初バスを手にしましたが、
今年は前夜に思いつきの釣行でしたので、ひとりぽっちでした。





例年通り、ラバージグをセットし、木の浜沖で琵琶湖に挨拶します。

12月に爆釣りしたエリアで、少し風がおさまったかな?っていう瞬間にロッドに違和感があり、まぁまぁのサイズの初バスをゲットしました。





妙に体高があり、お腹もパンパンの『鯛』のようなおめでたいBASSでした。





水温は、6度ちょいでしたね。

毎日荒れているからなのか、濁りがひどかったです。
ただ、嫌な濁りではなかったのでテンションが下がる事はなかったですね。
昔は、ラバージグのトレーラーにポークを使っていましたが、
最近はVAGABONDエアーベイトホッグを使っています。

このワームは、寒くても固くなりにくいので真冬でも使っています。
サイズも大きすぎず小さすぎす、BASSが吸い込みやすいサイズです。

今冬もエアーベイトホッグでいい釣果が出ていますよ。








ラバージグは、JACKALL HEARTJIG TG
リアクション気味にアクションさせた後、パラパラとほどけるラバーがBASSに口を使わせる間になってる気がして好きです。

また、そんなイメージで動かしています。ウエイトは1/2OZでカラーはグリパンチャートを好んで使っています。
メタルが流行している琵琶湖ですが、僕はメタルが苦手なのでラバージグでリアクションの釣りを展開しています。


今年もこんな感じでBRUSH『しゅういちレポ』を通して、BASS釣り・トーナメントの楽しさを伝えられたらいいなぁと思っています。





新年1回目はこの辺で。


★私のBLOG『風が吹いたらまた会いましょう』も合わせてどうぞ★
http://kamkambiwakoko.blogspot.jp/

2014,01,13, Mon 08:47
嘉村隆浩プロ
  PAGETOP