ビデオレポートを見るにはWindows Media Playerが必要です。最新メディアプレーヤーのダウンロードはこちら

皆さま、お久しぶりです。嘉村(カムラ)です。
お元気ですか?
少し記憶から消えかかっているかもしれませんが、もう一度思い出して下さいね。
今年の3月、突然、福岡勤務を命ぜられ、準備に4日ほどで関西を後にしました。
その後の半年は、全く余裕のない状態でした。
まぁ、22年も経ってしまうと道も変わっていますし、店も変わっています。
大げさでなく、街自体が大きく変化していました。
そんな戸惑いの中、半年の間に引越しを2度おこない、家の中も整理がつかない状態でした。
なにから手を付けて良いのか、そんな日々を過ごしていました。
しかし、最近やっと落ち着いてきたので、
気になっていた『BRUSHしゅういちレポ』を書いております。
琵琶湖を離れて半年、琵琶湖の事、新しいフィールド遠賀川の事、
今回は、そんな事を書いてみようと思います。
22年間の関西勤務は、同時にバス釣りを知った22年でもありました。
西宮の野池から始まり、加古川、岡山、琵琶湖南から北とおかっぱりの行動範囲が広がり、琵琶湖でローボートをレンタルし、足こぎボート『フットターボ』への階段を上りましたが、ついに体力の限界を感じて船舶免許を取得しました。
その後3年ほどのブランクを経てバス釣りを再開し、
遂には、トーナメントの世界へと足を踏み入れていきました。
遠賀川は、バス釣りを始めた頃に戻れるようなフィールドです。
聞くところによると、おかっぱり9割のフィールドだそうです。
確かに足場も良く、バスが好んで付きそうなポイントが岸際に多く存在しています。





アベレージは30〜40cmぐらいでしょうか?
最近は50UPの個体が増えてきていようで、なかなか素敵なフィールドです。
ただ、第一印象としては、ストラクチャーに依存しているバスが多い気がします。
シーズナルパターンが強く出る琵琶湖とは少し感覚が違う気もします。
もう少し、通い詰めないと何とも言えませんが・・・



関西に居た頃は、ベイトフィネスの必要性をそんなに感じた事が無いのですが、
遠賀川ではかなりのアドバンテージになる気がしています。
テトラや旧橋脚跡、杭、ゴロタなどの沈みものが多い遠賀川において、
ラインとタックルバランスがキーを握るのは明らかだと思うのです。
来年の今頃は、言ってる事が変わるかもしれませんけど(笑)
しかし、2回目の引っ越しが終わり最初にした事は、ベイトフィネス用タックルのメンテナンスでした。
本人はいたってまじめにそう思っているんです。



ちょっと脇道にそれますが、人生初バス釣り部屋を作りました。
夢のひとつが叶いました。
この部屋に居ると、時間を忘れタックルをいじりたくなります。
環境って大事だと思いました。
バス釣りが突然上手くなったような勘違いを起こしてくれます。



最近、ロッドマンメンバーと絡む事が増え、年齢が離れたメンバーとの交流が結構楽しいです。
『世代間バトル』と銘打ちプチトーナメントで盛り上がっています。
キャンといわしてやるつもりが逆にヤラレていますが・・・





若い人達を見ていると、バス釣りに対し、まじめに熱い人がとても多い気がします。
気軽に釣りに行ける環境があるからかもしれません。
おっちゃん達は、こんな環境を守っていけたらいいなと感じています。





関西を離れる時、色々な寂しい思いが渦巻いていました。
特にバス釣り仲間達との別れは感極まるものがありました。
その寂しさは今も残っているのですが、琵琶湖を離れる寂しさは少し薄れています。
琵琶湖を離れて思うのですが、日本には色々なフィールドがあり、それぞれに魅力があるんだろうと。
それは、それぞれを比べ優越をつけるモノではなく、
そのフィールドを感じると自然と理解できるモノなんだと。
最近、遠賀川で自分だけの魚を探し、トーナメントで勝つ事を楽しみにしている自分がいます。
そんな遠賀川の魅力をロッドマンプロメンバーの鈴木プロに教えて頂きました。



彼は、PURE FISHING JAPANのフィールドスタッフです。ちょっとのぞいてみて下さい。
http://www.purefishing.jp/blog/2010/01/35.html

 
今後は、九州のバス事情を遠賀川中心に書いていければと考えています。
琵琶湖と全く異なるフィールドですが、
なにかと参考になる事もあるかと思いますので、たまには読んでやって下さい。
では、今回はこの辺で、遠賀川の風が吹いたらまた会いましょう。




★私のBLOG『風が吹いたらまた会いましょう』も合わせてどうぞ★
http://kamkambiwakoko.blogspot.jp/

2014,10,12, Sun 17:22
嘉村隆浩プロ
やりました!琵琶湖開幕戦ロクマル獲りで5位入賞できました。



先週末は、NBCチャプター京都開幕戦に参戦してきました。

狙っていた魚が獲れて5位という結果が最高にうれしいです。



狙いは、春を意識しているデカバスでした。

トーナメント前、
越冬のバスを狙っても琵琶湖のツワモノメンター達には
太刀打ち出来ないと考えていました。

この時期、デカバス=シャローの考え方もあるのですが、
私が狙っていたのは越冬場所からシャローに向かう途中のバスでした。

スポーニングを意識した、動き出しの早いデカバスです。

そのバスをラバージグで獲るのが好きなのです。

言い換えると、このスタイルで早春のバスを獲り、
トーナメントで勝ちたいのです。

信頼しているラバージグは、JACKALL ハートジグ1/2ozと3/8ozです。

しかし、今回、最も大切だったのは、トレーラーの選択にあった気がします。



BRUSH MOVEの『河畑塾』でも解説されていますが、
トレーラーにはVAGABONDエアーベイトシリーズを使い分けました。

1週前のプラまでは、エアーベイトホグ3.8を選択していました。

実際、1月の獲った初バスは、エアーベイトホグ3.8をトレーラーに選択していたので、
その流れで使い続けていました。

しかし、プラでは、バイトはあるもののフッキングすると、エアーベイトホグの
特徴である、頭のボンボリや爪だけ無くなって戻ってきます。

どうしたものかと思案していたとろ、河畑プロのとある言葉を思い出しました。

とある言葉は、偶然にもBRUSH MOVE3月3日UP『河畑塾』で語られています。

エアーベイトシリーズの開発者で、繰り返し現場でテストしてきたから分かる事だと思います。

【もっと詳細な話を聞きたい方は、是非とも河畑ガイドへ。
琵琶湖における基本的なシーズナルパターンの考え方が理解できるハズですよ。
あなたも『河畑塾』卒業生になりませんか?
ちなみに私も河畑塾生です。】

そうして、考え抜いた結論は、狙う魚は変えず、
リグやエリアの変更もなく、トレーラーのみエアーベイト4に変更する事。



前日プラは、エアーベイト4インチに
変更して、再度デカバスへ挑みました。

がしかし、これもまた先っぽだけ食べられて戻ってきます。

しかし、バイト数は、確実に先週を上回ってきました。

ワームもバスの口に入り『くしゃっ』となって戻ってきます。

バイト数は増え、食い込みも良くなったので、
トーナメント当日は、ラバージグのウエイト、
エアーベイト4のセット方法やフッキングのタイミングで対応しようと考えました。

ラインもフロロの14Lbから13-12Lbまで落とそうかと考えたのですが、
1日1本あるかないかのデカバスとのやり取りを思うと、どうしても落とせませんでした。

結果、トーナメント開始から4時間ほぼノーバイトと前日と全く異なる展開でしたが、
シビレル1本が獲れました。

60cm 3,420g

少し細いロクマルでしたが、やり切った悔いなきトーナメント開幕戦でした。



今年の琵琶湖も、
ラバージグ+エアーベイト4 orエアーベイトホッグ3.8のセッティングでデカバスラッシュです。



今からでもリグの仲間に入れておいて損はないと思いますよ。

BASSと僕との間にあった『エアーベイト4』は、最も信頼できるワームです。



待ちに待った『春』は、確実にそこまで来ている琵琶湖の週末でした。

そろそろ防寒着のレイヤリングを考え直す時期かも?

では、今回はここまで。




☆20140302タックルデータ☆
ラバージグ:JACKALL ハートジグ 1/2oz 3/8oz
トレーラー:VAGABOND エアーベイト4
ロッド:JACKALL RUSH-BURN
ライン:フロロ 14Lb

★私のBLOG『風が吹いたらまた会いましょう』も合わせてどうぞ★
http://kamkambiwakoko.blogspot.jp/



2014,03,05, Wed 09:18
嘉村隆浩プロ
こんにちは。それにしても今年はよく雪が降りますね。寒い時に寒い事は、自然界にとっては良い事なのかもしれません。琵琶湖にとっても良い事であればいいのですが。早く春がこないかなぁ。

そんな中、恒例のおっちゃん連中で旅行に行って参りました。ことしもHIです。




デルタ航空でいったのですが、サービスはデルタが一番かもしれません。照明が落ちても、こまめにミネラルウォーターを持ってきてくれます。乾燥する機内ではうれしいサービスです。また、7〜10時間を過ごす機内で、退屈しのぎになる映画の日本語吹き替えラインナップが豊富でした。航空会社を選択する参考になればと思います。







オアフ島の真ん中にあるワヒアワのウイルソン湖に行ってきました。ホノルルから車で1時間ほどの標高300mにある、川をせき止めてできたダム湖です。平均深度は6m程度だそうです。表面積は、亀山ダムとほぼ同じぐらいの大きさです。水質はステインで、流れのない遠賀川のようでした。ダム入口に綺麗なトイレもありますので、女性の方でも安心です。当日、ホノルル市街の朝の気温が26度ぐらいで、湖周辺は21度と少し肌寒い感じでした。薄手の上っぱりを持参するといいと思います。






ここは、ピーコックバスが豊富ですが、ラージもスモールも共存している所でした。案内は、フルタイムガイドの千野さんにお願いしました。日本からの段取りの流れです。まず千野さんのHPから予約を取りました。かなり人気があるので、日程が決まったらすぐ予約を取った方が良いと思います。何度かメールでタックルの打ち合わせをさせて頂き、JACKALL ソウルシャッド58セイラミノーを持参しました。





現地に到着後、確認のメール(LINEでOK)を入れて、翌日の朝6時にホテル前でピックアップして頂きました。到着翌日であっても、時差ボケは、前日早めに寝れば問題ないと思います。まぁ時差の関係で、起きていたくても必ず寝れます。コンビニに寄って昼食を買い込み一路ウイルソン湖へ。この日は、セブンイレブンに寄りましたが、予想外に食べ物は口に合いました。レジ前にバナナが1本単位1ドルちょいで売っているので重宝するかもです。ダム湖周辺には何にもなさそうでしたので、ホノルルで必要なものは調達した方がよさそうです。






ボートを降ろし、釣り開始です。記念すべきハワイの最初バスは、40cmぐらいのラージでした。。。。






JACALL ソウルシャッド58の早引きです。海外でもソウルは効きますね。ここで一抹の不安がよぎります。人生初のピーコックを釣りに来ているのに、ラージを釣って終わってしまうのではないだろうか?

しかし、すぐにその不安はなくなりました。待望のピーコックです。



ピーコックは、とてつもなく引きます。25cmから30cmの小型でも、ラージの40UP位の力があります。ホンキで50UPかと思ったらこのサイズでした。日中でもTOPにバコバコ出てくるので、すごく楽しい釣りです。




千野さんのガイドのスタイルは、千野さんが船の後ろでエレキをリモコン操作し、フロントで私が釣りをします。最初のセッティングは自分でしましたが、その後のセッティングは全て千野さんがしてくれました。魚を取り込むのも、フックを外すのも千野さんがしてくれます。何か申し訳なるぐらいお世話して下さいました。これなら初心者の方でも女性でも十分楽しめるガイドスタイルでしたよ。








千野さんは、日本でバス釣りを経験されており、現状にも明るい方です。バス釣りだけではなく、日本の社会情勢にも詳しく釣りをしながら色々と楽しい話をさせて頂きました。興味深かったのは、国民健康保険の事でした。日本では、1961年に全国で誰でも・どこでも・いつでも保健医療を受けるようになりました。それまでは、国民の3割が無保険者で社会問題になっていたと記憶しています。今では当たり前のこの制度ですが、アメリカにはこの制度がありません。個人で民間の保険に入る必要があり、補償金額(医療費の還付)をMAXまで上げると家族3人で月10万円にもなるそうです。医療費も日本とは異なり、自由診療報酬制度である為、とても高額で重い病気やケガをしてしまうと、家1軒買うぐらいの治療費がかかるそうです。TPPで、アメリカのこの保険制度が日本に入り、国民健康保険がなくなると大変ですよね。などの固い話から恋話まで、幅広い話をさせて頂きました。そんな楽しい千野さんのBlogはコチラから





ハワイでピーコックバスのガイドを探すなら、千野さんをお薦めします。バス釣りをしながらアメリカの話や日本の話をするのもおつですよ。ここまで書いて気がつきましたが、千野さんと写真を取るのを忘れていました。。。
また行きたいなぁ。

さて、夢見心地はこのへんで、そろそろ2014年度のトーナメントシーズンへ向けて準備開始です。今週はこれまで。 Me ka mahalo!


★私のBLOG『風が吹いたらまた会いましょう』も合わせてどうぞ★

http://kamkambiwakoko.blogspot.jp/ 

2014,02,16, Sun 08:58
嘉村隆浩プロ
2014年あけましておめでとうございます。

本年もBRUSHならびに『しゅういちレポ』をよろしくお願致します。





今年は、ソチ冬季オリンピックやブラジルサッカーワールドカップなど大きなスポーツイベントが開催されますね。

いまからワクワクします。

近年、スポーツ界は、海外でプレーする選手が増えました。
野球界で、野茂、イチロー、松井選手が大活躍し、サッカー界では中田選手、私の好きな香川選手、ラグビー界では村田選手等々記憶に新しいところです。
バレーボール界でも加藤選手や木村選手が海外で活躍しているそうです。

新年早々、本田選手がミランに移籍しましたし、楽天のマー君も海外移籍が濃厚のようです。ゴルフ界でも石川遼に続き松山英樹もアメリカツアーに挑戦です。

バスの世界でもアメリカで挑戦するアングラーが増えました。
スポーツの世界だけでなく、日本式インフラやサービスが注目され海外に輸出されています。
バスでおこなう集団健康診断のシステムが輸出されているのには驚きました。

これからの日本人は、日本で死なない時代なのかもしれません。
自分自身が活躍できる、そして住みやすい国に出ていき、そこで一生を終えるなんて時代がすぐそこまできている気もします。
若者の就職先が減り、年金に希望が持てなくなったりすれば、そんな動きに拍車がかかるかもしれませんね。

そういう意味でも頑張れニッポン的な一年になりそうです。


さて、先週末は、琵琶湖に初釣りにいってきました。
メンテが終了しピッカピカのバスボートをみると、
それだけでワクワクしますし、新しい年が始まったんだなぁと感じます。





冬から琵琶湖に浮く事は、春に繋がります。

この時期は、荒れる日が多いし、なんせ寒い。

朝起きるのもおっくうですが、来るべき春を楽しく迎える為には、メンターとして頑張りどころです。初釣りは、浮けるだけでいいやと思ってしまうせいか、あまり初バスを手にした事がありません。

昨年は、友人のおかげで初バスを手にしましたが、
今年は前夜に思いつきの釣行でしたので、ひとりぽっちでした。





例年通り、ラバージグをセットし、木の浜沖で琵琶湖に挨拶します。

12月に爆釣りしたエリアで、少し風がおさまったかな?っていう瞬間にロッドに違和感があり、まぁまぁのサイズの初バスをゲットしました。





妙に体高があり、お腹もパンパンの『鯛』のようなおめでたいBASSでした。





水温は、6度ちょいでしたね。

毎日荒れているからなのか、濁りがひどかったです。
ただ、嫌な濁りではなかったのでテンションが下がる事はなかったですね。
昔は、ラバージグのトレーラーにポークを使っていましたが、
最近はVAGABONDエアーベイトホッグを使っています。

このワームは、寒くても固くなりにくいので真冬でも使っています。
サイズも大きすぎず小さすぎす、BASSが吸い込みやすいサイズです。

今冬もエアーベイトホッグでいい釣果が出ていますよ。








ラバージグは、JACKALL HEARTJIG TG
リアクション気味にアクションさせた後、パラパラとほどけるラバーがBASSに口を使わせる間になってる気がして好きです。

また、そんなイメージで動かしています。ウエイトは1/2OZでカラーはグリパンチャートを好んで使っています。
メタルが流行している琵琶湖ですが、僕はメタルが苦手なのでラバージグでリアクションの釣りを展開しています。


今年もこんな感じでBRUSH『しゅういちレポ』を通して、BASS釣り・トーナメントの楽しさを伝えられたらいいなぁと思っています。





新年1回目はこの辺で。


★私のBLOG『風が吹いたらまた会いましょう』も合わせてどうぞ★
http://kamkambiwakoko.blogspot.jp/

2014,01,13, Mon 08:47
嘉村隆浩プロ
相当寒いですね。エジプトでは、122年ぶりに雪が降り積もったそうです。地球は、今、氷河期だという話を聞いたのですが、太陽の黒点も減っていて、アメリカのオバマさんは、気候変動に対応せよと声明を出したとか。ちょっと変な事になっているそうです。

さて、先週末は、寒波襲来の中、七色ダムに行って参りました。
Team VAGABONDとして七色オープンに参加してきました。







メジャーフィールドなので、紹介の必要もないかも知れませんが、初めて挑戦される方の為に参考になればと思い釣行をを少し書いてみます。

七色ダムは、奈良県吉野郡下北山村にあり、大阪市内から130km、所要2時間半ぐらいです。

ガソリンスタンドが無いわけではありませんが、数はかなり少なかった気がしますので、満タンで出発した方が良いと思います。

コンビニもないわけではありませんが、出来るだけ津風呂湖を超えるまでに、早めに寄った方が賢明と思います。

冬期は、凍結や積雪が心配ですが、今の時期は169号線の大台ケ原付近の凍結が一番問題のようです。







七色ダムのロコアングラーは、42号線から通っているとの事。そうすると凍結の心配が減るそうです。

冬期に釣行に行かれる方は、冬用タイヤの装着は必須ですね。

レンタルボート、スロープは、『スロープ60』がお薦めです。









アルミのレンタルボートは数も多く、状態の良いボートばかりでしたたよ。

トイレもキレイですし、女性にも安心して使えるのではないでしょうか。
スロープ60のケビンさんもいい人でした。お名前を聞くのを忘れましたが・・・こんな感じの優しい方です。








なぜ、ケビンさんと呼ばれているのかも気になっています。

スロープから見る夜空は、とっても綺麗だそうです。

当日は、双子座流星群が良く見えたそうですよ。



PHOTO by Nakanishi





釣りを満喫した後は『きなりの湯』へ。






地元の温泉施設で、施設敷地内に宿泊施設もあるそうです。公衆トイレもありました。

温泉施設には、サウナと露天風呂、休憩施設、食堂、お土産売り場があります。









温泉に入って、開放感のある休憩施設で大ノ字ってのも気持ちが良いものでした。









食事は、『おでん』『カツカレー』が好評でした。

私達は『カーブの店』に宿泊しました。









きなりの湯に程近く、コンビニエンスストアの2階に宿泊施設があります。

1部屋に4人宿泊可能で2段ベッドでした。

一番大きな部屋は、5人まで宿泊できるそうです。

料金もリーズナブルで、皆でワイワイやりながら過ごす夜もいいものです。

宿泊者ノートがあるのですが、書いてある内容は、関西のノリでかなり面白かったですよ。

宿泊の際はチェックしてみて下さい。笑えるハズです。

七色オープンは、100名を超える参加者があり大盛況でした。









抽選会の賞品がとにかく豪華。

色んな大会に出ていますが、ここまで豪華なのは記憶にないぐらいです。
そういえば、七色オープン大会実行委員長は、TOP50山岡プロでした。









今回の七色ダム釣行は、私自身、記憶にないぐらい久しぶりでした。

琵琶湖では感じる事が出来ない、圧巻の大自然に囲まれながら、のんびりとバス釣りを楽しみました。











最近、リザーバーに足が遠のいているアングラーの皆さん、来年あたり久々にいかがですか?






では、皆さま、クリスマスに向けて体調に気を付けて下さいませ。

今回はこれまで。

★私のBLOG『風が吹いたらまた会いましょう』も合わせてどうぞ★
http://kamkambiwakoko.blogspot.jp/

2013,12,16, Mon 07:51
嘉村隆浩プロ
  PAGETOP  BACK>>