優勝 伊藤優歩 3本 9620g
2位 舞木雅和 3本 9080g
3位 冨本タケル 3本 8880g
4位 吉田竜太 2本 8540g
5位 外村篤司 3本 8040g

敬省略

http://www.biwako-open.com/2017/1st-results.html

優勝 伊藤優歩さん 3本 9620g
プラクティスの段階から北湖西岸シャロー〜ミドルレンジで魚が見えてたので朝一はそれを狙いにいきましたが、大潮のタイミングで魚が動いたようでまったく反応なく、ピンスポットを数ヶ所狙うも全然ダメ。この時点でプラの組み立ては消えたので南湖に入って木浜沖浚渫エリアをやるも1バイトのみ、狙いを木浜沖のピンスポットに切り替えてジークラックのプロトリングワーム3.5gライトテキサスでポロポロと良いサイズが釣れて、同じくプロトのスイムベイトで63cmが出てトータル9620gでした。


2位 舞木雅和さん 3本 9080g
北湖東岸、牧周辺の地形変化をテンスイヘッド+シャッドテールで狙って50up×2、40up、北風が吹き出してから反応が止まったのでアヤメのシャローに移動して、濁りが入るストレッチでクランクを巻いて50up、最後は野洲川沖2mのオダをモザイクジグ+バンブルシャッドで狙って60upが出ました。


3位 冨本タケルさん 3本 8880g
ここ最近好調だった下物南エリア沖の残りウィード(カナダモ&センニンモ)を狙い3本でこのウエイト、ルアーはティムコのベイトフィネスジグファイン+バルビュータでした。ボトムのウィードに掛けないと食わないんですが、強く外すとルアーが動きすぎてダメなので、ベイトフィネスジグファインで弱くハズしてステイさせる釣りでした。


4位 吉田竜太さん 2本 8540g
3位の冨本さんのバックシートのため釣り方は同じ。4キロフィッシュ2本でした。


5位 外村篤司さん 3本 8040g
六本柱南の4mフラットをボートを止めながらスワンプネコで丁寧に狙って2本、下物浚渫でキロフィッシュを追加してこのウエイト。

2017,03,26, Sun 15:16
etc.
三寒四温。。。 
この言葉をよく聞くようになってきましたね。 




と、いうことで。。。 
[春] 


湖上、陸上と急にアングラーが増えだした今週もこのお時間! 

「琵琶湖、この一週間。 勝手にホンツ的見解。」 

ミナサマ、宜しくお願いいたします。  

この時期になると皆様が気にされる要素として、水温上昇が多いのではないのでしょうか?? 
2017/3/15(水)
[6:00]雨/微風
気温 2度/中潮
水温 瀬田川 9.2
琵琶湖大橋 9.0
安曇川沖 7.8
5点平均水位 -13cm
放水 80t/s

2017/3/22(水)
[6:00]曇り/中風
気温 7度/長潮
水温 瀬田川 10.5
琵琶湖大橋 9.6
安曇川沖 7.7
5点平均水位 -8cm
放水 50t/s  
(BRUSHホームページより抜粋)


週末は穏やかな天候だったので、水温が上がった雰囲気がありますね。 
瀬田川の水温はついに10度へと突入!!  

水位も上昇傾向でシャロー好きなアングラーもドキドキしてくる状況になってきたかと思います!! 
ちなみにホンツもシャロー好きなのでドキドキが止まらない!! ww  
 
なので天候が良い日なんかは迷わずシャローに向かってチェック!! 
この日(金曜日)はこのエリアはシャローにしてはクリアーだったのですが水温はすでに10度越え!! 

確実に季節は進んでいる状況でございます。 
この先が楽しみで仕方ないです!! 

そんな3連休もあったこの一週間。琵琶湖のブラックバス達のご機嫌はいかがだったのでしょうか? 
釣果速報をこっそり覗かせていただきたいと思います!! 

2017/03/16(木)
ボート 南湖
[午後レポ]昼からも南湖各所のフラットウィードを広く探り、ブレードマスター3/4で50up、スイミングマスターで40upでした。今年の初春は例年に比べてウィードが少ないので、その中でもウィードの濃いスポットや、ウィードが無いストレッチの中の小規模な残りウィードなどを探してやっていくのが1つのキーですね。
国保 誠 プロアングラー 

2017/03/17(金)
ボート 南湖
[午後レポ]引き続き沖のフラットウィードでスイミングマスターを巻いて60、40up×2でした。午後からもバイトは少なかったですが、このサイズが出るのでなかなか他の釣りに移行するのは難しいですね。一時期に比べて放水量が下がって釣れるエリアが変化してるので、それを意識しながらやってます。
国保 誠 プロアングラー

2017/03/18(土)
ボート 南湖
今日は下物浚渫周辺、ディープホール周辺、西岸4mラインを回り、ジャコビーQの1/16ネコリグ、プロセンコー1/16ネコリグで58、51、48〜40×8でした。午前中はあまり反応が良くなかったですが、午後から少し暖かく感じるタイミングでバイトが増えました。食うか食わないかはタイミング次第なので、ボートが多くても食う時は食いますわ〜。
おくむらさとし プロアングラー 

2017/03/19(日)
ボート 南湖
南湖各沖のフラットウィードを回り、スイミングマスター5/8で60up×2、56、50up×4、40up×5と昨日に比べて一気に反応が良くなってました。特に午前中のベタ凪の時がバイトが多く、午後風が吹き出してからは反応が鈍くなりました。昨日に比べて日差しが出る時間帯が多かったのが釣れた要因だと思います。
国保 誠 プロアングラー 

2017/03/20(月)
ボート 南湖
[午後レポ]昼からもガイドプラで下物エリアを重点的にチェックしました。下物北半分はかなり水がクリアなんですが、志那より南は比較的濁りがあったので、沖〜インサイド、ディープ隣接のハンプをネコリグでやって1バラシ、ジグでは4バイトあるも全部スッポ抜け、春っぽいスポットに魚が居る事は確認できたので、最後の1時間は浜大津で試しにキーバーンをシャクってみたら64cmが釣れてしまいました。せっかく春を探してたのに冬っぽい釣りで釣れてしまうのが何とも微妙でした。
本津貴文 プロアングラー 
(BRUSH釣果速報より抜粋)


最後にちょこってワタクシ、ホンツも登場させていただきました。ww 
そして今シーズンはウィードも少なく、地形変化や残りの良質ウィードといったようなちょっとした変化にブラックバスが付く傾向が強く、その変化に居てるブラックバスをいかにして食わすのか? がキーになっていますね! 
なので釣れているエリアには大船団が形成されています。 
その中でも、ポイントや食わせ方のキモを抑えているアングラーには反応が出ているという状況です。 

今週末はビワコオープンの初戦もありますので更にボートアングラーが増えそうです。 
どんな釣果が出てくるのか楽しみですね。 
ワタクシ、ホンツも参戦予定ですので、楽しんできたいと思います。 
ただただ、大船団が怖いですが。。。春を意識した抜け駆け作戦しかないですね ww 

以上、琵琶湖この1週間。ホンツ的見解。でした。
http://ameblo.jp/hontsu120/

2017,03,22, Wed 14:48
琵琶湖 この一週間。 勝手にホンツ的見解。
もうすぐ琵琶湖オープン初戦。 
少しずつ意識してきているアングラーも出てきているのではないでしょうか?? 

気候のほうもだいぶんと暖かくなり、湖上も週末ともなればエリアによっては大船団。。。 
琵琶湖の水温も徐々に上がってきておりもうすぐで春本番なぐらいまで上がってきました。 
そんな状況の中で今週もいってみたいと思います! 
琵琶湖のこの一週間を勝手に見解してしまうこのコーナー! 

琵琶湖、この一週間。勝手にホンツ的見解。」 

今週もよろしくお願いします! 

寒の戻りがあった今週。 
昨日なんかは場所によったら雪が降ったとかという情報が。。。 

そして風も良く吹いていましたね。 
ただ、その風も2月や1月のような肌を刺すような感じの冷たさよりかだいぶ和らいだように感じ、季節の進行を感じました。 

そんな琵琶湖の一週間。 今回は水温や放水量の変化からみていきましょう!!  

2017/3/9(木)
[6:00]曇り/微風
気温 1度/中潮
水温 瀬田川 8.6
琵琶湖大橋 8.4
安曇川沖 7.6
5点平均水位 -12cm
放水 100t/s 

2017/3/16(木)
[6:00]曇り/微風
気温 4度/中潮
水温 瀬田川 9.3
琵琶湖大橋 9.0
安曇川沖 7.6
5点平均水位 -11cm
放水 50t/s 
(BRUSHホームページより抜粋)

放水量が一週間で100t→50tにまで。   
そして水温も瀬田川・琵琶湖大橋の観測地点ではついに9度台に! 
2ケタ水温までもう少し!!  
ただ、南湖東岸のシャローエリアに関してはお昼には水温が2ケタに達しているところも! 
もうすぐ春本番な気配アリですね。 

そんな今週1週間の琵琶湖、どのような釣果がでていたのでしょうか??

2017/03/11(土)
ボート 南湖
[昼レポ]今日も南湖沖の各フラットウィードをスイミングマスター5/8で狙って63、55、50up、1バラシです。バイト数はかなり少ないですが、出れば良いサイズでした。週末という事でアングラーも多くプレッシャーも高そうですが、午後から風が吹いたら状況もかわりそうなので、昼からも楽しみですね〜。
国保 誠 プロアングラー


2017/03/11(土)
ボート 南湖
今日は僕が主催するHon-2CUPの開催でした。参加者の方を見送ったあと、僕も9時からスタートして浜大津に直行。メタルバイブをメインにやって風が強くなる12時までに57、50、45の3本、同船者の方は残念ながらノーフィッシュ、その後は西岸の山ノ下沖でクランク、スイミングジグを巻いて反応なく終了。今日は1匹長寸のトーナメントで僕が57cmで優勝しました。2位、3位の方はディープホール周辺で釣ってこられ、メタルバイブのショートピッチで53cm、クランクで52cmをそれぞれ釣っておられました。
本津貴文 プロアングラー 


2017/03/12(日)
ボート 南湖
[午後レポ]昼からも南湖沖のフラットウィード狙い。週末という事でアングラーも多く長い距離を流せないので、スイミングマスター5/8を巻きつつ、要所でスイミングマスター1/4+スタッガーをボトムでズル引いたら63が出て、ほかメタルバイブで50upでした。本来の使い方では無いですが、たまにはこんな釣りもありですね。
国保 誠 プロアングラー  


2017/03/13(月)
ボート 南湖
南湖の南半分の2.5m〜4.5mレンジ各所、背の高いウイードやハードボトム、ベイトが居そうなエリアを転々と探りまして、ドライブシャッド3.5”のアラバマ系、ハイカットDR-SP、グラスリッパー1/2、3/8+ドライブシャッドなどで狙ってます。ゲストさんに60.5cm、52cm、49.5cm他数本って感じです。今日は食いが浅いのか?かなりバレが多く苦労しました。
森田哲広 プロアングラー 


2017/03/15(水)
ボート 南湖
14日、ほぼ一日、プロセンコー1/16ozネコリグで頑張りました。動かすとデカイのが食わないので、ネコリグで止めてるときのバイトを待つ感じですわ〜。下物浚渫、西岸のカネカ沖、唐崎沖などで62cm、58、55、54、45クラスまで数本。ジャコビーJHでステイで食わせても良いんですが、ウイードが少ない今年はネコリグの方がゲストさんがノー感じにならずに動かしやすいんですわ〜。
おくむらさとし プロアングラー 
(BRUSH釣果速報より抜粋) 

これだけ見ると、今年の琵琶湖はめちゃめちゃ釣れてるなーーー!! ってイメージですが。。  
実際の所は、日替わりの感じが強く日によってガラッと反応が変わってくるので、それを外すと。。。 
まだまだ冬だなー って感じるぐらいに反応が少なくなりますww 
が、アタリを引くと「春爆」という言葉が似合うような釣果に!! 
だから、春は面白いんですよね!! 
今週は強い風が吹いているので濁りが発生し、さらに季節が進みそうですね!! 

ただ春という季節。。。 
急な天候の変化で、 

いきなり激荒れになるなんてこともしばしば。。。 
釣りたい気持ちは分かりますが、命あってですので安全第一で楽しみましょう!!

以上、琵琶湖この1週間。ホンツ的見解。でした。

2017,03,16, Thu 13:56
琵琶湖 この一週間。 勝手にホンツ的見解。
ミナサマ、コンニチハ。 ホンツです! 

なんだかんだと書く前に今回はイキナリッ!! 
BRUSH釣果速報をチェックしたいと思いますー! 

2017/03/04(土)
ボート 南湖

朝から放射冷却で冷え込んでいたので、まずはメタルバイブをやりに一気に浜大津沖まで南下し、濁り+地形変化+ウィードをキーバーンで狙い62cmの4700g、50、ほか2バラシ、昼からは六本柱南のフラットでメタルをやるも反応なし、展開を変えて東岸シャローをチェックしましたが魚っ気なし、六本柱南に戻っても反応なく、浜大津で再度メタルをやってダメ、最後は西岸シャローでバス&ベイトの反応があるスポットをやりましたがノーフィッシュで終了でした。シャローは西岸〜東岸ともに水温は9度ほどあり、西岸は雰囲気も良かったんですが、今日の段階では早すぎでした。

本津貴文 プロアングラー 


2017/03/04(土)
ボート 南湖

今日は南湖各所の2.5〜4.5mラインを回り、ヴァルナSP、ハイカットDR-SP、ドライブシャッド3.5のアラバマ系、ドライブシャッド4.5+グラスリッパー3/8をローテーションして55.5〜50.5×6、49〜40up×15本程度、以下2本でした。午前中の方がバイトは多かったですが、午後も14時以降はバイトも増えました。状況的にはあまりベタ凪過ぎると食いが悪く、少し風がある方が口を使いますね。ルアーローテーションは各ストレッチを流していく中でウィードの高さや密度で替えてますが、バスの食い方がキーで食い上げてくるなら上を通せるルアー、こなければスイムジグでレンジを下げて狙ってます。濁りがあれば食わせやすいのですが、正直今の南湖で適度な濁りはほとんどないので、ある程度水がクリアなエリアでもタイミングとアプローチを意識して食わせてます。

森田哲広 プロアングラー 


2017/03/05(日)
ボート 南湖

[4日]南湖ボディウォーターラインを各所回り、スイミングマスター5/8で56×2、55、50up×2、40後半×2と良い感じに釣れました。基本的には地形変化など絡まないフラットウィードをやってますが、少しでも密度の濃い残りウィードがあるストレッチを流してます。午前午後とも反応はありましたが、その中でも食うタイミングに当たると一流しで3〜4本連発しましたね。

国保 誠 プロアングラー 


2017/03/08(水)
ボート 南湖

[午後レポ]昼からも強風の中、南湖南エリアの地形変化でキラーズベイトオーバー3/4を巻ききって59、50と1日トータルで50up7本と良い感じに釣れました。ただバイトは釣れた倍以上あり獲れなかった魚も多かったです。今日釣れたほとんどがトレーラーフックにフッキングしてたので、かなり食いは浅いですね。今日みたいな状況ではトレーラーフックの大切さが分かりますね〜。

大仲正樹 プロアングラー 
(BRUSH釣果速報より抜粋)

めちゃめちゃ釣れてますね!!  
毎日が春爆なんかと思うぐらいにビッグサイズからの反応が出ている状況。のように感じますが、浮いていて感じるのはいつでも反応が出ているのではなく、ちょっとした変化のときにまとまって反応が出る。  
そのような感じがしますね。  ただ、その瞬間を逃すと。。。 まだ春の一歩手前のように感じですね。 

2017/3/2(木)
[6:00]小雨/微風
気温 6度/中潮
水温 瀬田川 8.5
琵琶湖大橋 8.3
安曇川沖 7.7
5点平均水位 -11cm
放水 220t/s 


2017/3/9(木)
[6:00]曇り/微風
気温 1度/中潮
水温 瀬田川 8.6
琵琶湖大橋 8.4
安曇川沖 7.6
5点平均水位 -12cm
放水 100t/s 
(BRUSHホームページより抜粋) 
放水量の変化が目につきますね!  水温に関しては変化なさそうに見えるのですが... 
実は! 

2017/3/6(月)
[6:00]曇り/微風
気温 5度/小潮
水温 瀬田川 9.4
琵琶湖大橋 8.8
安曇川沖 8.2
5点平均水位 -11cm
放水 150t/s

こんなに水温が上がっていた時もあるんですねー! 
それからは寒の戻りということで風が吹き水温も低下。 

なんですが、水温低下よりも風の影響で濁りが発生したことのほうがプラスになった可能性がありますね! 

濁りにプラスして水温上昇。。。 アングラーの春にテンションの上がるワードが増えてきましたね!!ww

今週土日は暖かくなる予報みたいですので、もしかしてそろそろXデーと呼ばれる日が近づいてくるのかもしれませんねww 

以上、琵琶湖この1週間。ホンツ的見解。でした。

2017,03,09, Thu 15:26
琵琶湖 この一週間。 勝手にホンツ的見解。
ここ最近の南湖事情、各ガイドさんに聞いた情報をさらっとまとめます。



【水がクリア】

ここ最近、まとまった雨が降っていないのと、雪解けの水等で水位が極端に下がらない影響で放水量が220t〜150tと比較的多いため、南湖の水が常に動いて全体的にクリアアップしています。特に南湖北エリアのボディウォーターに近いラインは水深4mでもボトムが丸見えの所もあるようで、この透明度の高さがが釣果に影響しているように感じます。



【魚が浮いてる】

まだまだ気温は低いものの、春の陽射しで表層水温は日中〜夕方にかけて上昇傾向。その影響もあってか、エリアによってはバス&ベイトフィッシュがかなり浮いてる所もあるようです。そういうエリアでは上のレンジを通せるルアーの方が有効のようですが、透明度の高さがプレッシャーになって難易度は高めのようです。



【人気エリア】

ここ数日の人気エリアの1つが貝捨て場、週末ともなれば大きい船団ができています。また、ディープホール周辺や下物浚渫のハンプなどもアングラーが多く、全体的にはハードボトムやディープ隣接の地形変化などが人気エリアとなっています。


3月5日 11時現在の状況

瀬田川 9.0度
琵琶湖大橋 8.9度
安曇川 7.8度
水位 -11cm

2017,03,05, Sun 11:28
etc.