第5戦 成績一覧
http://www.biwako-open.com/2016/5th-results.html

2016年 年間成績
http://www.biwako-open.com/2016/2016results.html

2016,11,27, Sun 17:04
釣果情報


優勝 中嶌祐二 3本 7390g
2位 國澤高士 3本 6000g
3位 川西洋史 3本 5770g
4位 宮崎竣太 3本 5680g
5位 三宅武志 3本 5420g




2016ビワコオープン 年間成績 上位5名



優勝 國澤高士
2位 外村篤司
3位 宮崎竣太
4位 仲 和也
5位 門脇一生


※敬称省略

2016,11,27, Sun 13:39
etc.
「琵琶湖、この一週間。」 



この一週間の琵琶湖。今週もまた、ホンツが勝手にまとめさせていただきます! 

最近の琵琶湖、暖かいなぁ...  なんて思っていたら、昨日(23日)爆風。 



久しぶりに寒い寒いと言葉にしてしまう天候。 

写真は浜大津の沖ですが、北からの風+ウネリがなかなかのモノでしたよ。 



これだけ荒れて風も冷たかったので水温もしっかり下がっているのかな??  

2016/11/24(木)
[6:30]薄曇り/微風
気温 7度/長潮
水温 瀬田川 14.7
琵琶湖大橋 15.3
安曇川沖 14.7
5点平均水位 -30cm
放水 15t/s 



2016/11/23(水)
[6:00]薄曇り/中風
気温 11度/小潮
水温 瀬田川 15.3
琵琶湖大橋 16.0
安曇川沖 15.0
5点平均水位 -30cm
放水 15t/s 

(BRUSHホームページより抜粋)



と、思ったのですが劇的に下がった!! とまではいかないですね!  

一週間前の琵琶湖では... 

2016/11/17(木)
[6:00]曇り/微風
気温 8度/中潮
水温 瀬田川 14.7
琵琶湖大橋 15.8
安曇川沖 15.5
5点平均水位 -29cm
放水 15t/s

(BRUSHホームページより抜粋) 

本日とほとんど変わり無いという。。。 



ただ、この一週間での琵琶湖の変化といえば、各エリアを見て周って感じたのが、水がクリアーになっていっているということでした。 

そして「ヒウオ」という言葉も多く聞こえるようになってきて、アラバマ系リグでの反応も多くなってきています。 



2016/11/19(土)
ボート 南湖
[午後レポ]昼からはアクティバ沖でナカタジグ3/8+チャンクロー3.5で49、40up、35までがポロポロ、その後は各所回ってアラバマでポロポロと釣れて終了でした。南湖は各エリアにヒウオが入っていて、水面でピチャピチャしてたり魚探にも映ったりと、いよいよ晩秋っぽい雰囲気が出てきました。
中島成典 プロアングラー



2016/11/19(土)
ボート 南湖
[午後レポ]午後も巻きメインの展開となりました。南エリアのフラットでクランクを巻いて、ベイトは多いんですがバイトなし。同エリアでアラバマ系に替えると40クラス、49cm、30半ばをキャット。風が出てきて西岸のアクティバ沖へ移動しなましたがベイトが少なくイマイチ。木浜はベイトが多く、アラバマ系にバイト多発も、小バスなのか?中々フッキングに至らず。40Upに30半ばが出て終了でした。各所でヒウオらしく群れが魚探に映るようになりました。季節がだいぶ進みましたね。
本津貴文 プロアングラー

(BRUSH釣果速報より抜粋) 



そしてそして、この琵琶湖の一週間のビッグニュースと言いますか話題になったのが、 

「霧・濃霧」 





ワタクシ、ホンツも当日は10時過ぎまでマリーナ待機という状況。 

この日(20日)あたりからマリーナの周りでも水がクリアになっていくのを確認しました。 



BRUSH釣果速報を覗かせていただいても... 

2016/11/20(日)
ボート 南湖
[昼レポ]朝からスゴイ霧で待機してからのゆっくりスタート。まずは近場のアクティバ沖5mでジグをやってノーバイト、霧がはれて走れるようになってから六本柱南に入り、HU300を巻いて35まで×3、50upのニゴイ、再びアクティバ沖に戻るとかなり船団になっていて、とりあえずジグで一流ししてノーバイト、名鉄沖6m〜木浜と回り30です。日中はジグをメインにやって夕方は南エリアでクランクを巻きたいのですが、南エリアが日に日にクリアアップしてきているのが心配材料です。
永野 総一朗 プロアングラー  

(BRUSH釣果速報より抜粋) 



なんですが、昨日の爆風で南湖の様子を見ていた感じですと、南湖の南エリアは藻刈りの影響もプラスされて濁りが広がり、 昨日の夕方の時点では名鉄にもにごりが入ってましたので、またクランクでの釣果が増えてきそうですね。 



この一週間では、水がクリアになっていくに連れて、クランクベイトが釣果の多くを占めていたのが、少しづつアピールを抑えた展開になっていき、ヒウオの量が増えてきたので、アラバマでの釣果も目立ってきたという感じでした。 



これを踏まえて、先一週間は昨日の爆風の影響での濁りがどう釣果に左右するのか?? 

北風によってヒウオがどのような状況になるのかが気になりますね。 と、いう先の一週間もざっくりと考えてみました。



以上、琵琶湖この一週間。ホンツ的見解。でした。

2016,11,24, Thu 11:03
琵琶湖 この一週間。 勝手にホンツ的見解。
「琵琶湖、この一週間。」 



今週も担当させていただきます、最近の琵琶湖の状況報告!  

この一週間は比較的穏やかな日が多かったですね。 

水温に関しましては... 



2016/11/11(金)
[6:00]曇り/微風
気温 12度/中潮
水温 瀬田川 14.7
琵琶湖大橋 16.0
安曇川沖 16.0
5点平均水位 -29cm
放水 15t/s 



2016/11/18(金)
[6:00]晴れ/微風
気温 4度/中潮
水温 瀬田川 14.5
琵琶湖大橋 15.5
安曇川沖 15.5
5点平均水位 -29cm
放水 15t/s 

(ブラッシュHPより抜粋させていただきました。) 

穏やかな日が多かったこともあり変化はあまり無し。 



水質は南湖南エリア(六本柱周辺から南)は濁りあり。 

南湖北エリア(木浜・名鉄・山ノ下)は風が強く吹いた翌日等は濁りが入っていました。 



そして、ここ最近よく耳にするこのベイトフィッシュの名前。

 

ヒウオ。 


 

ブルーギル。 

 

この2種類のベイトを意識してルアーをチョイスするのが重要ですね!! 



BRUSH釣果速報を覗かせていただいても...

2016/11/16(水)
ボート 南湖

[昼レポ]午前中は南湖南エリア4mのウィードフラットを中心にアラバマ系を巻いて45up×3です。昨日は小バスも食ってきてバイトが多かったんですが、今日はバイトが少ない分、食ってくるのは良いサイズです。ベイトが居るストレッチを巻いてますが、今日はヒウオらしき反応は薄いですが、ギルは良いエリアにはしっかり居ますね。
国保 誠 プロアングラー 



2016/11/14(月)
ボート 南湖
朝夕は南湖ミドルレンジ2〜3mでLV500GPを巻いて56、30クラスがポロポロと1発良いのが出ましたがバイトは少な目、日中は各アウトサイド4mでカットテールNSWをやって45MAXでしたが数はメチャクチャ釣れました。水がクリアアップしてきてるのが巻き物への反応が鈍った一番の原因だと思いますが、そのおかげでヒウオが各エリアに入ってきて、カットテールNSWの釣りがハマりました。狙ってるのは4mレンジですが、イメージはあくまでも浮いてるヒウオなので、中層をフワフワさせる感じです。
おくむらさとし プロアングラー 



やはりキーはベイトなのでしょうか?? 気になるところですね!!  

ホンツ的見解では、

ブルーギルを意識して釣るならば、クランクベイト! 

ヒオウを意識して釣るならば、アラバマ系リグ!!  

そして他に意識しているのは濁りですね。 



ただ、ちょっと気になるのは藻刈りの存在です。。。 

濁りが発生することはプラスですが、ウィードが無くなるのはちょっと... 

でも全域ではないので良質の残ったウィードにサカナがかたまる!! と、ポジティブに捉えたいですね!! 



ただその濁りを利用してのクランキングはこれからもキーになりそうですね! 

本日も... 

2016/11/18(金)
ボート 南湖
中川様、浜大津沖でのクランクベイトで65cm、59cm、55cmと爆釣! 50upのバラシもあったそうです。
イシヅカマリン 

(BRUSH釣果速報より抜粋させていただきました。) 

スバラシイ釣果ですね!! 



以上、琵琶湖この一週間。ホンツ的見解。でした。

2016,11,18, Fri 10:55
琵琶湖 この一週間。 勝手にホンツ的見解。
彦根地方気象台は10日朝、「滋賀県の比良山で、初冠雪が観測された」と発表しました。

彦根地方気象台によりますと、10日午前9時ころ、比良山地の頂上付近がうっすらと雪で白くなっているのを、確認したということです。

比良山の初冠雪は平年より9日、去年より38日早くなっています。

2016,11,12, Sat 11:17
気象情報
  PAGETOP  BACK>>