この一週間の琵琶湖、昨日7日までは日中はそれなりに暖かい日もありましたが、今日8日は琵琶湖西岸の比良山系では雪化粧となりました。また、雨が降った日も数日あった事で水位は回復して今日8日8時でマイナス19cm、瀬田川洗堰の放流量は36t。水温も徐々に上がってきており、南湖南エリアは日中で10度台、河川内は場所によって12度前後まで上がっている所もあります。

南湖釣果に関しても特に大きな変化はありませんが、巻物ではスイムジグとバイブレーションでの釣果が増えています。基本的に南湖はクリアアップしていますが、雨や強風の影響で東岸など一部で濁りが発生すればピンポイント的にバイブレーション、それ以外のエリアではスイムジグという感じです。ボトム系の釣りに関しては下物浚渫エリアが一番人気で特に烏丸半島沖、下物浚渫最北端付近に船団が出来ています。各ガイドさんに話を聞いているとここ最近は掘り残しのハンプの上(浅いレンジ)でバイトが出る事が多いようですが、5mよりも深いレンジで複数釣っているガイドさんもいるのでスポットによってバスが付くレンジは様々のようです。

北湖も徐々に春めいてきており、東岸河川内では水温が日中で12度を超えている所もあるようです。こちらも基本的に水はクリアですが、強風や雨で濁りが入ればビッグベイトやスイムジグでも釣れています。またミドルレンジ〜ディープレンジの沈み物や魚礁などピンスポットの釣りではジグ、テキサス、ネコリグ、ダウンショットなどで釣果が増えてきました。

まだ3月初旬という事で春本番とまではいきませんが、南湖も北湖も30cmクラスの釣果が出始めている事もあり、全体的にバイトの数は増加傾向です。



2019,03,08, Fri 09:22
釣果情報
  PAGETOP