この一週間の琵琶湖、朝の冷え込みが強い日が多くなり、ようやく真冬っぽく感じるようになりました。ただ北湖などは例年に比べてまだ水温も高めとなっています。今週はしっかりと雨が降った日もありましたが放流量もそれなりにあるので水位はマイナス30cm台をキープしています。2日7時の時点での水位はマイナス32cm、放流量は75tです。

釣果的には一言で言えば「真冬」という感じで釣れていないというよりはこれが普通といった状況。昨年の冬はこの時期でも比較的残りウィードが多く自衛隊前などで30cmクラスもよく釣れていたので、そう考えると釣果に関してウィードの存在は1つの重要な要素なんだと実感します。1年前と比べてバスの数が1/2や1/4など極端に減っているという事は考えにくいので、それだけウィードの有無でバスやベイトフィッシュが付くポジションや食うタイミングなどが変化するという事になります。とはい言え南湖がまったく釣れていないという訳ではなく比較的状況が良いエリアとしては温かい北湖の水の影響が残る南湖北エリア、西岸では堅田からカネカにかけてのチャンネルライン絡みや地形変化、東岸では木浜浚渫やシャローの残りウィードエリアなど。ルアーは巻物では濁りがあればバイブレーション、クリアならスイムジグやアラバマ系、ジャークベイト、ボトム系はラバージグやネコリグなどのライトリグです。

この週末はフィッシングショーOSAKAが開催されています。今ではネット環境の普及でウェブサイトやYouTube動画、各SNSで簡単に新製品の情報が見れるようになりわざわざ会場まで行かなくても・・・という人も多いかと思いますが、ロッドやリールは高価なものですし購入前に実際に手に取って見てみるのも1つの判断材料だと思います。そして各タックルの開発に携わったプロアングラー、メーカーさんのお話をナマで聞いてみるのも面白いですよ。もちろん実際に開発に携わった人たちなので宣伝として各タックルの良い事しか言いません(たぶん 笑)でも、そこは勘違いやニワカの知識では無く責任感を持ってお話をされるので、あとはそれを聞いて各自で「必要」か「必要でない」かを判断すればいいだけで、選択肢の1つとして一度聞いてみる価値はあると思いますよ!



2019,02,02, Sat 11:06
釣果情報
  PAGETOP