この一週間の琵琶湖、南部では強風の日が多かったものの雪・雨に関してはそれほどまとまった量は降りませんでした。ただ10日は早朝からこの冬一番の冷え込みとなり、野洲ではマイナス1度を記録しました。それに伴い琵琶湖の水温も下がり南湖北エリアのボディウォーターで9度台、下物など中間エリアで6度台、南エリアのシャローでは5度台まで下がっている所もあります。雨量・降雪量こそ少ないものの強風の影響でショアラインを中心に西岸・東岸ともにエリアによっては濁りが発生しています。琵琶湖の水位は11日8時でマイナス38cm、この一週間もプラスマイナス2〜3cm程度と安定しています。

釣果に関しては南湖ではメタルバイブを中心にスイムジグ、クランク、バイブレーション、ミノー、アラバマ系など濁りの有無で使い分ける巻物と、ボトム狙いではジグやネコリグなどのライトリグで釣果が出ています。木浜や下物の浚渫エリアでは真冬のポジションにバスが集まりだしたとの話もあり、いよいよ真冬の釣りがスタートしそうな気配です。北湖ではボディウォーターに絡むロックエリアやマンメイドストラクチャーと、ワンド内では魚礁や浚渫、残りウィードを絡めた釣りが中心で、天気次第ではシャローでのビッグベイトで反応も出ています。

いずれにせよ強風が吹かず1日普通に釣りができたとしてバイトはあって2〜3回程度が一般的です。各ガイドさんの話を聞くと狙い方としては大きく2つに分かれていて、ヒウオなどベイトフィッシュの有無や水温、濁りなど流動的な要素を各エリアを回りながらチェックしていく釣りと、魚礁や沈船などの沈み物、浚渫の地形変化など、この時期に魚が集まりそうな動かない要素でタイミングを待つ釣りです。前者は手返しの良い巻物系が中心で、後者はジグなどのボトム系が中心。あとは各時のスタイルで釣り分けをされていますが、共通点としてはどっちの釣りも1日やりきって、結果はどうか?という状況です。




 

2019,01,11, Fri 10:17
釣果情報
  PAGETOP