先週は季節外れの暖か日が多かったですが、今週の琵琶湖はこの時期らしい気温の日が続いています。それに伴い水温も徐々に低下し、南湖では東岸のシャローでは朝で13度後半から14度台、日中でも15度台まで下がっています。濁りに関してはシャロー側では場所によってターンオーバーの影響もあるようですが、強風時の底荒れの濁りもありそれが混ざって広がっている所もあります。雨も特にまとまって降る事は無く、16日13時の時点での水位はマイナス42cm、放流量は62tです。

南湖の釣果に関しても先週からあまり大きな変化は無く引き続き厳しい状況。ただ15日の礒村ガイドのように1日で60up×3、50up×8など信じられないような釣果が出ているのも事実で、居るところには居て、食う時は食うという感じです。ルアー的には引き続き巻物ではバイブレーション、クランクベイト、メタルバイブ、スイムジグ、ビッグベイト。ボトムの釣りではラバージグ、テキサスでの釣果をよく聞きます。エリア的には巻物では東岸が中心で、2.5mより浅いレンジのエビモ・カナダモ・フサモなどの残りウィード、ハードボトム、取水塔や一文字などストラクチャー周辺が人気。ボトム狙いは下物浚渫、ディープホールなどです。



2018,11,16, Fri 13:19
釣果情報
  PAGETOP