この一週間、南湖周辺では雨はほとんど降らず引き続き減水中。ただ放流量は20tから15tと少なく今日27日朝の水位はマイナス21cmと、この一週間の減水はマイナス5cmに留まっています。放流量が下がった直後はボディウォーターラインなど沖の水はかなりクリアアップしていましたが、今週に入ってからはアオコっぽい粒子が混ざったような状態のエリアが増え始め水質は悪くなっています。水温は引き続き南湖のほとんどのエリアで30度を超え、高い所では33度台まで上がっています。

ウィードの状況としては、エリアによってはかなり密度が濃い所はあるものの全体的には非常に少なく、エビモも伸びてはいるものの例年に比べて密度が薄くなっています。コカナダモも全体的には密度が薄く、濃い所も上方向には伸びているもののドームが形成されるような状態の所はごく一部です。

釣果に関しては釣る人は釣っていますが、ノーフィッシュでも不思議ではない状況です。上記のように全体的にウィードの密度が薄いため、例年なら流れが止まって水温が上がればシェードを求めてウィードの中に入るという傾向になるはずが、快適なシェードが少ないためウィードの中を狙う釣りをしようと思えば、極めて少ない「密度が濃く条件の良いスポット」を探さないといけないので大変です。また今年は南湖全域でハスの量がかなり多く、ハスに依存しているバスが多いためバスが全体的に浮く傾向にある事もウィードの中の釣りがイマイチハマらない理由の1つのようです。とは言えウィードの中で良い釣りをされているアングラーもいるので、そういう条件の良いスポットを探すか?ハスの動きを追いながら浮いたバスを狙うか?今後の釣果が楽しみです。

今週末は台風12号の影響で大荒れになる可能性があります。この週末、特に日曜日に釣行を予定されている方は、今後の台風情報のチェックをお忘れなく。



2018,07,27, Fri 11:51
釣果情報
  PAGETOP