今週は減水続きの一週間となりました。先週の土曜日、14日朝の水位はプラス34cm。全開放流が続いていましたが、昨日19日に150tまで下がり、20日朝の水位はマイナス14cm、この一週間で40cm下がった事になります。長く続いた全開放流ですが、プラス80cm近くあった時に比べ、今週の半ばは同じ全開放流でも水位が下がった影響もあって流れはかなり弱くなっていて、エリアによってはウィードが下流側に倒れている所、倒れていない所もありました。

この流れの変化の影響もあってか?今週の半ば頃から少し釣れるエリア・釣り方の傾向は変わりつつあります。全体的には引き続き簡単ではない状況が続いています。エリアだけで言うと木浜、赤野井、名鉄、下物、カネカ、六本柱周辺、貝捨て場、北山田など主要なエリアで釣果が出ていますが、どのエリアにも共通して言えることは、バイトが出るスポットが狭く、タイミングも短い事。さらに各エリアによってパンチショットはテキサスなどのボトムの釣り、ノーシンカーやスモラバ、ライトリグでのウィードトップの釣り、クランクやスピナーベイトなどの横の釣りと釣り方は様々。今はこの釣りが旬!という事はなく、各ガイドさんもそれぞれのスタイルに合ったエリア・釣り方で釣果を出しています。水面系の釣りは引き続き単発傾向。

南湖の表層水温は概ね30度を超え高い所では32度台まで上がっており、ずっと流れがあった事から水質は南湖南エリアの一部や各インサイド側を除き、南湖北エリアを中心にかなりクリアアップしています。この週末は放流量の変化がどう影響するのか?気になる所です。

北湖に関しては東岸のマイアミ〜牧などは水質が悪化しており、粉っぽい水となっているようです。釣果的にはマンメイドやロックエリア、魚礁など硬い物系で釣れていますが、徐々にディープでも釣れ始めているようです。



2018,07,20, Fri 11:17
釣果情報
  PAGETOP