今週一週間は朝の冷え込みが強い日はあったものの、日中は春らしい陽気の日が多かったです。ただ1日(木)に台風並みの強風が吹き、その影響で南湖はかなり濁りが入っています。2日金曜日の時点では木浜など南湖北エリア東岸の濁りが一番強く西岸もそれなりの濁り。
南エリアは北エリアに比べればまだマシですが、それでもかなりの濁りとなっています。2日午後から北寄りの風が強く吹いた影響でこの濁りも徐々に南下、放流量が60tに増えたことで今後は南エリアへ濁りが広がっていく事が予想されます。水温はボディウォーターラインに関しては概ね8度台〜9度台。

南湖の釣果的にはまだ4mラインやそれよりも深いディープを中心としたラバージグやメタルバイブの釣りが優勢でしたが、週の後半はスイムジグやバイブレーションなど横の動きに反応が良くなり、濁りが広がった2日金曜日は杉村ガイドがディープクランクで50upを連発するなど、かなり状況が変わりつつあります。大潮のタイミングという事もあり、この週末はどこかで春爆の予感。

2018,03,03, Sat 11:43
釣果情報
  PAGETOP