本日、琵琶湖南湖の水深別水温を計測してきました。


計測日 2018年1月21日(日)
水温・・・水温設定の関係上、多少の誤差あり
水深・・・湖流、風によるボートの動きで多少の誤差あり



南湖西岸、堅田漁港沖 チャンネルライン
計測時間 10時20分

表層 7.9度
0.5m 7.9度
1m  7.9度
1.5m 7.9度
2m  7.9度
2.5m 7.8度
3m  7.9度
3.5m 7.9度
4m  7.9度
4.5m 7.8度
5m  7.8度
5.5m 7.8度
6m  7.8度
6.5m 7.8度
ボトム 8度


やはりこの時期は体積が大きい北湖の水の影響が強い南湖北エリア、堅田漁港沖のチャンネルラインの水温が高く、表層からボトムまでほぼ微差程度。このラインはベイトフィッシュも中層からボトムまで比較的広範囲に映っていました。


南湖西岸 カネカ沖チャンネルライン
計測時間 9時30分

表層 7.4度
0.5m 7.5度
1m  7.6度
1.5m 7.6度
2m  7.6度
2.5m 7.6度
3m  7.6度
3.5m 7.6度
4m  7.6度
4.5m 7.6度
ボトム 7.8度


そして南湖一番人気エリアであるカネカ沖チャンネルライン付近は表層が一番低く、ボトムに近づくにつれ水温が上がっています。ただ、以前夏に計測したような明確なサーモクライン(変温層)はこの水深では無く、緩やかに上がっています。



南湖南エリア ディープホール南壁付近
計測時間 9時45分

表層 6.4度
0.5m 6.4度
1m  6.4度
1.5m 6.4度
2m  6.4度
2.5m 6.3度
3m  6.3度
3.5m 6.2度
4m  6.2度
4.5m 6.1度
5m  6.1度
5.5m 6度
6m  6度
6.5m 6度
7m  6度
7.5m 5.9度
8m  5.9度
8.5m 5.9度
9m  5.5度
9.5m 5.3度

以下、機器の関係で計測不能


今回計測した中で一番水温が低かったのはやはりディープホール南壁周辺。南湖は南にいくにつれて北湖の水の影響がなくなり、平均水深が浅くなるため水温が下がりやすい(上がりやすい)。上記2ヵ所と違い、こちらはボトムに近づくにつれて水温が下がっています。水深8.5mまでは比較的緩やかに下がっていますが、9mを超えると下がり幅が増えています。この辺りがサーモクライン(変温層)なのかもしれません。


計測結果は以上のようになりました。


これを見ると、比較的水温が安定している南湖西岸チャンネルラインが釣れる理由もわかる気がします。たまたま今日の計測ではこの水温でしたが、当日の天気や風、気温、濁りによる光量等で水温は変化します。今日のカネカ沖を例にすると、ボトム付近が一番水温が高かったので、もしかするとライトリグを使ったボトム系の釣りや、メタルバイブをあまり高くリフトしないボトム付近での細かいリフト&フォールが有効だったかもしれません。仮に明日が晴天無風で気温も上がったとしたら上層の水温がボトムよりも高くなってバスが浮き気味になるかも?と、釣れる釣れないは別にして狙い方をイメージすることはできます。

今回の計測での水温差は各エリアで最大1度弱。
人間にしてみたら大した差ではないですが、バスにとってはかなり大きな差になるのかも?



↓以前、夏に計測した結果はこちら↓


計って解った!水深別水温
https://ameblo.jp/biwako-brush/entry-12057318384.html


BRUSH的☆水深別水温の計測方法
https://ameblo.jp/biwako-brush/entry-12060904082.html

2018,01,21, Sun 16:39
etc.
  PAGETOP