今週の琵琶湖は初冬らしい冷え込みもあったり強風の日が多かった事もあり南湖は東岸を中心に広範囲に濁りが入り、水温も10度を下回るエリアも増えてきました。昨年の同じ日で見比べてみると今年は概ね1〜2度水温が低くなっています。


2017/12/08(金)
[6:30]曇り/弱風
気温 4/中潮
水温 瀬田川 10.0
琵琶湖大橋 11.8
安曇川沖 12.2
5点平均水位 -3
洗堰放流 15


2016/12/08(木)

[06:30]薄曇り/中風
気温 7度/長潮
水温 瀬田川 12.1
琵琶湖大橋 13.2
安曇川沖 13.3
5点平均水位 -29cm
放水 15t/s


南湖の釣果は引き続き難しいと言えばそれまでですが、特に悪いわけではなくこの時期らしい釣果だと思います。中心となっているのはメタルバイブ、アラバマ系、シャッドで、スポットを絞りきれている人はジグやダウンショット、ネコリグなどのライトリグで釣果が出ています。全体的な傾向としては、今週は小型サイズがあまり釣れず、釣れると40アップ以上のグッドサイズという話を良く聞きますが、悪く言えば小型が釣れない分バイトは極めて少ないので、いかにミスを減らして一日の中の短いタイミングでバスのいるエリアにアプローチできるかが釣果を大きく左右しています。

北湖に関しては先週同様、ロックエリアのミドル〜ディープに絡むスポットや地形変化での釣果がメインとなり、5キロを超えるようなビッグフィッシュも出ています。ただ南湖と同じくバイトは極めて少ないので、いかに集中力を保って数少ないバイトでミスなく釣れるかが重要のようです。ルアー的にはビッグベイト、ジグ、テキサスリグやキャロが中心。

南湖も北湖も含めて全体的に言えることですが、ここ最近の釣果(特にビッグフィッシュ)はシークレット的なスポットやマイナーなスポットではなく、ほとんど定番のメジャーエリアで釣れている事が多いです。なので考え方の1つとして【冬の定番メジャーエリアにはバスは必ずいて、ルアーに反応するかしないかはタイミング次第】と割り切って1日釣りをしてみるのも面白いかもしれません。

2017,12,08, Fri 08:47
釣果情報
  PAGETOP