一週間飛んでしまった「琵琶湖、この一週間」。

11月に入り朝晩の冷え込みが強くなり水温も徐々に低下。放流量に関しては11月1日までは全開放流でしたが、2日からは250tに下がり今朝もそのまま。流れが強いのも水温低下の1つの要因になっています。

釣果に関しては引き続き南湖では巻物に関してはディープクランクが好調ですが、日に日に濁りもとれ始めているので釣れるスポットは狭くなり、釣れるタイミングも短くなっています。なのでディープクランクで狙うのであれば、ある程度時間を掛けてやらないとなかなか結果が出ない事も。また透明度が戻ってきているのとヒウオらしき反応もチラホラ見るようになっているようで、アラバマ系やスイミングジグの釣りでも釣果が出始めています。

今後は濁りやベイトフィッシュの状況に応じてディープクランク、バイブレーション、スピナーベイト、スイミングジグ、アラバマ系、ジャークベイトなどが有効になってきそう。


ボトム系の釣りに関しては晩秋〜初冬よりのエリアで釣果が出はじめており西岸の堅田〜カネカまでのチャンネルライン&隣接のウィードや、ボディウォーターから外れる自衛隊沖などで釣れている話を聞くようになりました。ルアー的にはラバージグ、テキサスリグ、ライトリグ全般など。


北湖はウィードでの釣果が減り始め、シャローではカバーやマンメイドストラクチャーを絡めた釣り、ディープはロックエリアや地形変化、沈み物など硬い物を狙った釣りで釣れていますが、ここ最近は天気が良い日は平日でも北湖東岸エリアはアングラーで賑わうので、プレッシャーも相当高いです。台風後の強い濁りが入っていた時は一時的にディープクランクでかなり釣果が出ていましたが、今はそれも落ち着いてボトム系の釣りが中心となっています。ルアー的にはラバージグ、テキサスリグ、ヘビキャロ、ライトリグ全般など。

2017,11,10, Fri 08:06
釣果情報
  PAGETOP