雨による濁りから、巻きでもボトムでも反応が得られるようになっていた琵琶湖この一週間。  

水温上昇もあってサカナの状態もコロコロと変わっていった一週間。  

色んなサイズが反応してくるようになったので楽しむには良い季節ですよね! 

と、いうよりもそれだけ反応してくれるサカナがいてる琵琶湖がスバラシイのかと。。。 

状況的には、プリ・ミッド・アフターと混在するなかで数的にはミッドからアフターの個体が多くなっている感じ。 
アフターの回復してきている個体が釣りやすいので多くなっているという感じ方もあるかもしれませんね!! 

さてそんな琵琶湖の一週間。 
琵琶湖大橋の水温が18.6度から22.1度へと上昇し、 
放水量も68t100t(20日・土曜日から)へと! 

そんな中、ホンツはボトム推しだったわけで。。。 

 

バスを求めて三千里。。。 
{一里とは現在3.92727273キロメートルとのことですので... 
琵琶湖の周囲長が241キロメートル。 
一里を約4キロと考えまして... 12000キロ。。。 
なので、49.792....  まぁ、琵琶湖50周分ぐらいですねww} 

そんだけボトムを探り続けると。。。 

2017/05/19(金)
ボート 南湖
[午後レポ]下物浚渫のハンプ+エビモをアイシャッドテールHDSで狙って40×2、ほかバイトがポロポロ、浜大津沖4mフラットに移動してカナダモの新芽をフリックカーリーネコでやって35×2、バイトポロポロとバラシの後にゲストさんに59、 

 

風が強くなってからはクランクを巻いて30×2でした。昨日ぐらいから一段と暖かく・・・というか暑くなってきて、バイトの数はかなり増えてきました。オススメとしてはエビモ狙いですが、まだ水面まで伸びてるエリアはなく濁りもある影響で目視で探すのはなかなか難しいので、ウィードの感触が分かりやすいリグでまずはエビモを探し、そこを丁寧に狙っていけばバイトは比較的簡単に出ます。ただ雑にやると食わないので、しっかりルアーを入れてフォール〜ステイを意識してやってみて下さい。
本津貴文 プロアングラー

そんだけ引き続けると何かが起こるかも!ですよねww 

そんなホンツのことはさておき... 

奥村部長さんの勢いは止まることなく。。。 
2017/05/19(金)
ボート 南湖
[昼レポ]午前中は南湖西岸〜東岸2〜3mラインのハードボトムでのゲリパー(ゲーリー8インチ+バンパーヘッド1.8g)64、57、51、45〜40×10、  

 

午後は同エリア+西岸4mアウトサイドでジャコビーJH(こちょこちょヘッド0.9g)をやって54、53、52×2、40クラスまで×10でした。水温も20度を超えて小バスの活性も上がってきたので、ジャコビーではデカイのも釣れますが小バスの数もドンドン多くなってくるので、ゲリパーのボリュームで小バスを避けてデカイのを効率よく・・・というイメージです。あとゲリパーはフォールでの誘いも出来るので、これからの釣りには良いんですわ〜。
おくむらさとし プロアングラー 

ボトム推しなんですが、巻き物展開も勢力拡大中ですよね! 
2017/05/21(日)
ボート 南湖
今日はピーカンベタなぎだったんですが、巻物好きなゲストさんお二人とクランクだけで楽しんできました。水深4m前後のセンニンモが伸びているエリアでウイードトップが3〜3.8mぐらいの場所でゲストさんはブリッツMAX-DR、僕はOSPプロトルアーで狙って、ゲストさんに61cm、他に50Upのジャンプバレが3発ほど、その他みんなで49〜40クラスが20本ほど、40以下が10本ほどとよく反応してくれました。
森田哲広 プロアングラー
(BRUSH釣果速報より抜粋)  

コアユの群れにハスなんかが映るこの時期のやつですね!!  
それに濁りなんかと風があればより良いかと!! 

ウィードも伸びてきているので天候によってはトップまではいかなくても水面直下でのゲームも成立しそうになってきましたね! 

今週末は琵琶湖オープン!  
どんなサカナを狙った人がお立ち台に上がるのか楽しみですね!! 


以上、琵琶湖この1週間。ホンツ的見解。でした。 
http://hon-2.com/

2017,05,25, Thu 17:29
琵琶湖 この一週間。 勝手にホンツ的見解。
  PAGETOP