この一週間の琵琶湖は比較的天気は安定していたものの、強風が数日吹きました。その影響で南湖・北湖共に東岸の一部のエリアで濁りが入っている所もありますが、基本的にはクリアアップ傾向で南湖でもボディウォーターを中心に透明度が高い状態です。今日20日8時30分現在の水位はマイナス38cm、洗堰放流量は15t、この一週間は緩やかに減水しています。


南湖の状況ですが引き続き人気エリアは木浜沖で、特に2号水路〜3号水路沖は平日でも朝から船団ができています。各ガイドさんや一般アングラーにお話しを聞いていると、浚渫エリアの釣りが中心で掘り残しに生えるエビモ等のウィードを小型プラグのI字系やノーシンカーなどで狙って数釣りは楽しめるようですが、アベレージサイズが25cmほどで良いサイズはなかなか混じらないようです。

そういう事もありサイズアップ狙いでは中型以上のハードプラグや4インチ以上のワームを使ったボトム狙いで各エリアをやっている人もいますが、今度はバイトが極端に減って釣れても単発、ノーフィッシュもありえるといった状況です。木浜浚渫エリア以外でも南湖西岸の堅田〜山ノ下沖でも同じようにI字系等で数釣りが楽しめるエリアが増えてきました。また一時期落ち着いていたディープホール周辺でボイルが見られるようで、アングラーも増えてきています。

明日から三連休となる琵琶湖ですが天気予報によると、現時点では日曜日の午後から月曜日にかけて台風の影響による大雨、強風の可能性があるようです。釣りを予定されている方は天気予報、台風情報のチェックをお忘れなく。



2019,09,20, Fri 09:24
釣果情報
  PAGETOP