new entry
category
archives

Movie撮影・製作承ります。
お見積もり無料。お気軽にお問い合わせください。


 有限会社エルビィエヌ
 Call:077-589-5658
 Mail:brush@lakebiwa.net

琵琶湖バスフィッシングプロガイド・黒須和義が完全プロデュースした巻物に特化したロッド、アリヴェールセンス。「良いモノ作りは机上の理論だけでは成立しない」様々なテストを繰り返し、巻物をする上で最も大切な要素は何なのか?理想のキャストフィール、巻き心地とは何なのか?黒須プロが一切妥協せずに完成した超実践主義から生まれたロッド、それがアリヴェールセンス。



PLAY START(16分02秒)


>>ルアーショップおおの
>>黒須和義・クロスロードガイドサービス


 

2016.07.28. Thu
タックル
何十年にわたり琵琶湖でその釣りセンスを、ただひたむきに錬磨してきた。1000を超えるハンドメイド・ルアーを、その手だけで作りあげ、「創造のパフォーマンス」は、新たな高みを求めた。ABSモデルにおいてもルアーコンセプト・デザイン・マスターモデル・カラーリング…その工程のすべてを、自らの手によって生み出す。そのルアー・ボディには「釣るための”何か”」と「創造のパフォーマンス」が凝縮されている。「実釣能力」「風格」「存在感」…確かに違う何かが、ここにある。



PLAY START(11分38秒)


>>クリムゾンワールドワイド ウェブサイト



2016.07.23. Sat
タックル
琵琶湖の夏と言えばエビモエリアの釣り。今回はisseiプロスタッフ赤松健・吉田諒の2人が夏の琵琶湖でAKチャンク・スパテン・スパテラ4を使いエビモエリアで遊ぶ!AKチャンクはこの夏発売予定の注目アイテム!



PLAY START(19分40秒)


>> issei ホームページ

2016.07.18. Mon
テクニック
HIDEUPプロスタッフ・永野総一朗ガイドが、ハイドアップルアーのスタッガーオリジナル、スタッガーワイド、ウープスを使う上でベストなフックセッティング、リグセッティングを紹介。全てのワームには最適なフックサイズ、フックセッティングがあり、それを実践する事でワームが持つ本来の性能を発揮できる。どうしても疎かになりがちなフックの選び方、ぜひ参考にして下さい。動画後半には初夏の琵琶湖のアユパターン実釣も!



PLAY START(38分56秒)

>>HIDEUP ウェブサイト
>>モーリス ウェブサイト 
>>永野総一朗 ウェブサイト 

2016.07.02. Sat
ベーシック講座
アユの豊富な2016年の琵琶湖は、南湖のバスも極端にアユに意識がいっている。
そんなセレクティブなバスが奥村哲史プロデュースのブースターブレード55の高速リトリーブには狂った魚雷のように次々と反応して入れ食いとなる。

撮影は梅雨時のレギュラーサイズの数釣りとなっているが、秋の北湖のビッグフィッシュ狙いの必須テクニックでもある。



PLAY START(9分15秒)

>>バレーヒル カタログ
>>奥村哲史 おくむらさとしホームページ


2016.07.01. Fri
タックル
  PAGETOP  

膨張式ライフジャケット
movie search

このコーナーのコンテンツをご覧になるにはWindows Media Playerが必要になります。最新のメディアプレーヤーはこちらからダウンロード出来ます。