SAMPLE

2006/07/01(土)
[次のパターンもチェックしつつ]


明け方のドシャ降りがボートを出す時に止んでたのはラッキーだったが南からの風が強く「釣り出来るかな」って思いながら南下する。お客さんが少し遅刻で8時過ぎに貝捨ての北のど真ん中から釣り始める。ここにはいつもの船団はなく、船団は小さいが浜大津側にあった。30分ほどチェックするがノーバイトで北山田の沖に移動。濁りは有るものの一投目に52cmがサクマフットボールジグにバイト。チェックするうちにお客さんにもバイトトするがカジキのようなヘッドアンドテールジャンプで50Upがバレる。その後自分に55cmがバイト。40クラスを追加して文化館沖に移動。 ウィードの短いエリアを探しながらフリックシェイクジグヘッドワッキーで釣り続けると、お客さんに30〜40クラスがバイト。水深は4m。浜大津寄りに船団があった。この後自衛隊沖をチェックして昼食。昼食をしながら「風が強くなってきたね」と気にしていたとおり、午後からは南下は無理で赤野井ワンドに入り「ひょっとして」と真珠棚を打っていると、他のボートに40後半がヒット。また他のボートに声をかけると50前後が3本ヒットしたらしい。ここで今日は風に負けて終わる。さあ明日の琵琶湖オープントーナメントは3本で何キロが勝つのかな。

下野正希

一覧
ホーム