△ Angler's コラム △
SAMPLE

2006/06/22(木)
[ワームカラー考 関根健太]

私が使用するワームのカラーは圧倒的にウォーターメロンシード(以下WATSD)が多く、ワームケースの中もこのカラーがびっしりと詰まっています。まあ、私に限らず多用される方も多いことでしょう。ところがそんなWATSDラブの私も夏場にかけてのこれからの時期は、他のカラーも多用するようになってきます。これは水温上昇に伴いバスが1ヶ所に集まる傾向が強くなるためにアングラーも集中しプレッシャーが高くなる影響と、高水温のためバスの活性も決して高くないようで定番カラーのWATSDよりも少し目先を変えたカラーが威力を発揮することが多いためです。あくまでも私自身の経験での独断カラーになりますが、これから夏場に向けて効果的と思われるカラーが、チェリーシード(レッド単色よりもどうもこっちの方が・・・)とウォーターメロンにパープルとグリーンのラメが入ったウォーターメロンキャンディ。この2色は私にとってはこれからの時期一軍カラーです。その他にもなんとなく効くなと思うカラーが2、3色ありますがこのカラーはもう少し秘密ということで(笑)皆さんもタックルボックスの奥に買った時のまま使わずにほったらかしの怪しいカラーのワームが一つや二つはありますよね。ぜひこれからの時期試してみて下さい。こんなカラーが釣れるんだと思わぬ発見があるかもしれませんよ。
SAMPLE
関根健太プロアングラー

一覧
ホーム