<< September/2019
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>


にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
梅雨で、台風も通過しました。
大雨で湖は濁ります。この濁りは避けて通れません。
濁りによってエリアは限定されたり、釣りにくくなる要因になることが多いです。
そりゃそうですね。普段は見えるのに濁りで見えない…バスも同じです。
少しでもルアーを発見させようとラトル音を出すプラグ使ったり、派手なカラーを選択したりするものです。濁りに強いカラーは過去から定番としてあります。


ヘビーダウンショット


チャート系、ブラック系、ピンク系は特に濁りに強いカラーとされています。
濁りがある場合、こういったカラーに変えるだけでもバイト数があがったりするものです。
通常のカラーと濁りに強いとされるカラーを使ってたった30分だけなら大きな差は出ないかもしれませんが、一日10時間の釣りをすると最終的には大きな差として釣果に出たりします。


アベラバ7g


濁ったら意識的に濁りに強いカラーを使うことによって釣果を出しています。
派手なカラーほど使う方が少ないのでかなり有効です。
画像のスタッガーワイド4インチのカラーは、チャート/グリーン/ゴールドF
過去に琵琶湖でメジャーな試合があった頃、下物浚渫エリアでのリミットメイク&ビッグフィッシュ狙いの定番的絶対カラーでした。



その効果は今も健在です。
ここぞってタイミングの時に使用すると思わぬビッグフィッシュが反応してきます。
濁りの状態だけではなく通常の水質でも想像以上の効果があるカラーです。


スコーンジグ7g


梅雨時期、台風後などのタイミングで意識的に濁りに強いカラーを使う。
このちょっとしたことが実は大きな釣果を生み出す行動にもつながるものです。



ご存知の通りブラックももちろん定番で強いカラーです。
ちなみにスコーンのDVDでも使用しているスコーンジグのヘッド&スカート、スタッガーオリジナルのカラーもブラックです。撮影当日は濁りが入っていましたからね。
わざわざ岸に上がってブラックを取りに行ったほどです。w
アベラバ7gのブラックカラーも僕がリクエストしました。それほど必要な釣るためのカラーです。昨年のアベスタ(アベラバ7g&スタッガーワイド4インチ)のフォールパターンは7月中旬頃から爆発的に釣れだし11月頃まで続きました。その傾向がそろそろ出てきています。

先日行われた琵琶湖オープンでも2位の方はアベスタだったそうです。
暑くて暑くて水が動かない時期…
ギルがプカプカ浮いてくる頃、フォールパターンは絶大な効果を生み出します。
アベスタも凄いけどカルスタ(カルラバ2g、2.5g&スタッガーワイド4インチ)フォールアクションも凄いよ。。。

様々な状況に応じてリグで対応できるスタッガーワイド。
リグ、カラーを状況に合わせて少しでも釣果を上げていきましょう!




| 吉田秀雄コラム |



釣りビジョン
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
POWERED BY
SEARCH






  PAGETOP