<< September/2019
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>


にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
今年の4月に発売させていただいた東日本大震災復興支援チャリティーDVD

「奥村哲史・大仲正樹 琵琶湖2011春」



本編中、季節の進行具合(バスのシャローへの上がり具合)を判断するのに、
奥村プロが使ったのがルドラSPのジャークやストップ&ゴー。
どのアクションで釣れてくるかによって、そのエリアの状態を判断していきます。

そして季節は進んで、今は梅雨真っ只中の6月上旬。
バスはスポーニングを終え、アフター、そしてサマーパターンへと以降していきますが、
奥村プロが今使っているのはルドラF。
ジャークさせては水面まで浮かせて・・・という使い方でアフターバスを攻略中ですが、
同じルアーでSPとFを使い分けてプリとアフターを狙っているのが興味深いところ。

そして、バスがスポーニングの前後に沖からシャローへ上がるルートと、沖へ帰るルート。
基本的には同じルート(コンタクトポイント)を通ると言われていますが・・・。
と、言うことはDVDで釣りをしているエリアは今の釣りにも有効?

まあ、水位の上昇や濁りなどで状況は違いますが、考え方の一つとして参考になるのは
間違い無しですよ。

大変参考になって、義援金の寄付もできるDVD

「奥村哲史・大仲正樹 琵琶湖2011春」

ぜひ、ご覧になってください。



| etc. |



釣りビジョン
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
POWERED BY
SEARCH






  PAGETOP