<< May/2019
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>


にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
今日は奥村プロの取材でした。

結果は上々!ウワサのジャコビーが炸裂しましたぁ〜。
この模様は近日ご覧頂きますね。

取材後、大仲プロのタックルを借りて、関根健太プロの目の前でフィッシュドクターJHをチョイ投げすると・・・・

45Upイタダキマシター
ランディングは大仲プロが・・・・豪華な一本となりました。
ごっつぁんデス

| タックル情報 |
今月のBRUSHセレクト FINE TACKLE

ZAPPUボーンラトラー

ワームに挿入するラトラーはずっと以前から存在するが、近年は使用するアングラーが激減。一部のアングラー以外にとってラトル文化は忘れ去られつつあったのでは無いだろうか。そんな中、秦拓馬プロのプロデュースによりZAPPUから、その名も“ボーンラトラー”が発売された。このネーミング、ラトルボディーに通称ボーンと呼ばれる素材を使用していることに起因する。乳白色のボーン素材は一部ハードプラグにも利用されているが、硬度が高い故に甲高いサウンドを発し、状況によっては他を圧する釣果をたたき出すことは有名だ。その素材に着目し、今回発売されたのが“ボーンラトラー”

前述したようにラトル文化が薄れつつある今、ZAPPUが発売に踏み切るまでに大きな壁があったそうだが、プロトを使っての秦プロの釣果には目を見張るものがあり、今回の発売となったようだ。発売後、予想を裏切る好調な売れ行きで、品薄状態が続いているという。

そんなボーンラトラー、私レベルの釣りではラトル利用時のアドバンテージは定かではないが、釣りに行く前の準備中に耳元でサウンドを確認し、ワームにボーンラトラーを挿入する時、なんとも言えない喜びを覚えるのは間違いない。「よ〜し、コレでちょっとやそっとでは口を使わない老獪なバスもイチコロだ・・」とニヤつきながら挿入するのである。
そんな喜びを与えてくれたZAPPUボーンラトラーを
BRUSHセレクト FINE TACKLEに勝手に認定しここに表彰する。

編集部

| タックル情報 |
下野プロのムービーでもお馴染みのジャッカル:MC/60

先日発売されたSRをスタッフも早速購入してみました〜
ハイピッチウォブル&ロールアクションという事だけあって、かなり機敏な動きをしてくれはります。今年釣果に恵まれていない私にとって、プリっと投げてサクっと釣れる救世主になってくれるか!?

STAFF X

| タックル情報 |



釣りビジョン
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
POWERED BY
SEARCH






<NEXT  PAGETOP  BACK>