毎度のごとく、ゆっくりの出勤です。
久しぶりに、皆、笑顔です。
どうやら、1尾くらいは触れているという感じです。
話を聞くと、、少し離れたところにいるMY'sさんが、何やら1人で爆発しているとか・・・。

ホント、あの人は、良く鼻が利く・・・。

とりあえず、コチラ方面でもアタリはあると言う事なので、コチラ方面で頑張ってみる。

しかし、コチラ方面も、アタリの出やすい所が決まってきていますね・・・。
常連さんは、時折アタるようですが、僕はナンニモナイ・・・。
ヤバいかな・・・と思い、ウロウロしてみます。

でも、どこも何もない・・・。
嬉しい事にゴミもない。

参ったな、困ったぞ、10時を過ぎてナンニモナイ・・・。
一旦、落ち着こうと思って、シャロークランクなんて投げてみて、気を紛らす。
無駄?に時間が過ぎ、10時15分を過ぎる。
ナンニモ解決されない。
知ってた。

仕方なく、適当に自信のあるポイントに入る。
全体的に、皆、中距離から手前で、チョロチョロアクション(あまりリフトさせず、ポーズ入れながらゆっくり動かす)で狙っているので、あえて、沖を狙って、シャクリ倒す作戦にでる。
が、反応のないまま、10時半過ぎた・・・。
もうヤバい・・・もうヤバいと、言いながら、もう1投、後1投・・・。
ダメだなっと思った、超ラスト1投に、クンッ!
?!
釣れないと思っていたので、完全に合わせ遅れてましたが、一応、アワセっぽいことして巻き巻き。
まあ、合わせなんて焦る必要ないんです、実際問題w
遅れたら、その分、口の中です。
遅れ過ぎたら、測れるのかもですが、まあ、デカければ魚の自重で勝手に向こうで刺さっとりますからw

ただ、口の中となると、歯にやられますから、強引は禁物です。
でも、遊び過ぎるのも、禁物です。
てことで、それなりにゆっくり寄せて、水から上げる時に注意です。
水から上がると、浮力が無くなり重さが増すのでそこで切れます。
危ないかなと思ったら、するりと流れるように浅場へ引き上げましょう。
で、フックに気を付けつつランディーンッグ!





47cm/1940ころりん。



■タックルデータ■
ロッド:バレーヒル・ブラックスケールディスタンスエディションBKHC-86xx
リール:シマノ・アンタレスDC-HG-
ライン:バレーヒル・プロスペクトフロロ14lb
ルアー:RYUGI・エビメタル・ジャミ24g ダッピシュリンプ

そして、本日最後のラスト1投をして、本当に終了。
どうやら、また、釣れる周期に入ったようだぞ。
コレは・・・行くべしっ!!




2017,02,28, Tue 17:29
てんちょ日記
  PAGETOP  BACK>>