今朝も行ってきた。
雨降り前に、食いでも上がってないかと期待したんですが・・・。
見事なシブさでした・・・。
まあ、人気のない場所だからなのかもですが、相変わらず誰も釣れてないくらいの感じ・・・。
水が思いのほか綺麗で、小魚がワラワラしているのが良く見えたので、しっかり手前までやってみたら、サクッとツレチョビレ!
53cmのレギュラーサイズ(重さ的に)。



■タックルデータ■

ロッド:バレーヒル・ブラックスケールディスタンスエディションBKHC86xx

リール:シマノ・アンタレスHG (DRT/VARIALハンドル仕様)

ライン:バレーヒル・プロスペクトフロロ14lb

■キャロシステム■

よし屋式三又キャロワイヤー仕様・リーダー14lb (プロスペクトフロロ)

シンカー:ダミキJ・飛び抜けシンカー12号

フック:カツイチ・ハイパーミニ・#4

ワーム:バレーヒル・エビシャッド3”(スカッパノン)

幸先はイイが、その後は安定の「無」・・・。
ポイントを変えてはみるが、どこでも「無」、見事に「無」
結局、今朝も、1尾で終わりました。
で、まあ、「良く釣れてるね」と、最近言われるようになりましたが、日々1尾なんで、何とも言い難いw
まあ、ボーズに比べれば、勿論、(1尾だけだけど)釣れてはいるからなー。
しかし、琵琶湖の、春(この時期)のキャロで、これは、微妙ですよ。

まあ、今年、なんか凄く遅れてる感はあるので、まだ、早いと言えなくもないんですが、ちょっと渋い春ですね。
で、まあ、春は、やっぱり、春は高気圧の方が釣れる気するなぁー・・・。

この時期のキャロなら、1日に3尾くらいは、釣れてくれてもいいと思うぞ!
期待して待つ。



2018,05,02, Wed 14:29
てんちょ日記
  PAGETOP